【GoogleAdSense】審査に落ちた人・通らない人に共通する「7つの不合格の理由」と対処方法※再申請期間は2週間空けましょう


出典:「https://pixabay.com/」
 
シノです。
 
今回は「グーグルアドセンスの審査に落ちた人・審査に通らない人に共通する7つの不合格理由と対処方法」について解説しています。
 

 
●「【GoogleAdSense】審査に落ちた人・通らない人に共通する「7つの不合格の理由」と対処方法」解説動画はコチラ↓

 
文章で読みたい方向けに、動画の内容を下記で解説しています。
 
 

「アドセンス審査に落ちる7つの不合格理由」

 
1,コンテンツが不十分
 
私が200人以上のお客さんのコンサルをしてきた中で、最も多い不合格理由が「コンテンツが不十分」です。
 
「コンテンツが不十分」の場合、下記の3つの要素が考えられます。
 
1,記事数・文字数が足りない
⇒20記事以上、1000文字以上にする
 
2,記事内容のコンテンツが浅い
⇒リサーチをして知識・情報を増やして記事の内容を深める
 
3,文章に独自性がない
⇒「情報」を書くだけでなく、情報に対するアナタならではの意見、価値観、考え、考察、感想、情報にまつわる体験エピソード等、「アナタにしか書けない文章」を追加する
 

 
 
2,アドセンスポリシーに違反している
 
3,禁止コンテンツに触れている
 
「アドセンスポリシー規約」に反していないか、「禁止コンテンツ」に触れていないか、規約をしっかりと読み再度チェックしましょう。
 
知らない内に触れてしまっている、というケースもあります。
 
少しでもNGになりそうな文言や引っかかりそうな部分は修正しましょう。
 

 
 
4,プライバシポリシー等の情報を設置していない
 
1,問い合わせフォーム
2,プライバシーポリシー
3,運営者情報
4,サイトマップ
 
1,2,3は設置必須です。
 
サイトマップは載せずに合格した人も居ますが、作っておいた方が合格の可能性があがる上、お客さんにとっても親切なので設置しておきましょう。
 
 
5,適切なカテゴリやタグが設定されていない
 
記事を「未分類」のままにせず、しっかりとカテゴリ分けをしましょう。
 
 
6,アフィリエイトリンクを貼っている
 
アフィリエイトリンクを貼ったままでアドセンス審査に合格した方も居ますが、外しておいた方が確実なので外す事を推奨しています。
 
アフィリエイトリンクだけを外すと不自然な記事になってしまう場合は、記事自体を一旦「非公開」にしておく方法もあります。
 
 
7,「画像が著作権に引っかかっている・余計な画像を貼っている・画像が全くない」等の画像に関する理由
 
「写真は載せない方が良い」という意見もあります
 
私がコンサルしてきた経験談で言えば、もちろん「余計な画像は貼らない方が良い」ですが
 
「写真を載せる事でお客さんの満足度が高まる=記事のユーザビリティが高くなる」
 
という場合は画像を貼った方が良いです。
 

 
 

再申請は2週間空けるのがお勧めです。

 
不合格後、1週間で再申請して合格した人も居ますが、アドセンスの再申請期間は2週間空ける事をお勧めしています。
 
特に2回以上落ちた場合は2週間以上空けた方が無難です。
 

 
 

まとめ:審査に落ちた人・通らない人に共通する「7つの不合格の理由」と対処方法

 
1, コンテンツ価値(記事数・文字数・記事の内容・独自性)を見直して修正する。
 
2,アドセンスポリシーに違反していないか規約を再確認する。
 
3,少しでも禁止コンテンツに触れていそうな個所は修正する。
 
4,プライバシーポリシー等の情報をきちんと設置する。
 
5, 記事のカテゴリ分けをしっかりとする。「未分類」で記事を放置しない。
 
6,アドセンスに合格するまでは、アフィリエイトリンクを外すか、アフィリエイト記事を非公開にする。
 
7,画像はユーザビリティを高める事を意識して著作権フリーのものを使う。
 
 
 
 
「初心者でも大好きな趣味ブログで稼げる様になる道のり」については↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して趣味ブログで1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓


 
 
 
「好き」な事をやって独立起業で成功したい!という方はコチラ↓
 
私がわずか2年で会社員時代以上の収入を得られる様になった秘密を大公開↓↓

 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ