個人事業主も会社員も確定申告必要な人はしないと大変な事になるという話


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
個人事業主の私にとっては一年で最も大変な時期・・・それが「確定申告の時期」です。
 
経費の内訳で戸惑ったり、初めて白色申告した年は必要経費を計上するのを忘れたりで、予想より遥かに高い税金を払って高い勉強代となりました。
 
ネットで個人事業主の方が確定申告をしてなくてどうしよう・・というお悩み相談を結構みてきてますが、個人事業主でも会社員でも確定申告が必要な人はきちんとしておかないと絶対にダメですよ。
 

 

確定申告が必要な人は?収入いくらから申告が必要なの?

 
「年末調整」を受けてない人は必ず確定申告を行わないと行けません。
 
源泉徴収票の「給与所得控除後」の欄が空欄の場合は、年末調整を受けてないという事なので確定申告が必要となります。
 
 
個人事業主であれば必ず確定申告が必要となりますが、会社勤めのサラリーマンの場合は基本的に会社側が年末調整の手続きをしてくれてますので自分で確定申告を行う必要はありません。
 
ただし、上記に加えて以下の様なケースも確定申告の対象となります。
 


・年間の給与収入が2,000万円以上の場合
・給与所得及び退職所得以外の所得(不動産所得など)の合計額が20万円を超える場合
・二つ以上の会社から給与が支払われている場合
・雇用主から年末調整を受けていない場合
・公的年金や個人年金の雑所得を一定額以上受給した場合 ※1
・原稿料や講演料、ネットオークションやアフィリエイト、あるいは外貨預金で為替差益があった場合
・源泉徴収されていない、海外の企業から支払われた退職金などがある場合
・特定口座(源泉徴収口座)以外で株式等を譲渡した場合
・不動産関係の売却で譲渡所得があった場合
・災害減免法によって税金の軽減免除を受ける場合
※1 公的年金などの収入額が400万円以下で、それ以外の各種の所得額が20万円以下の場合を除きますが、所得税などの還付を申請する場合、確定申告を提出する必要があります。
 
出典元:「MFクラウド確定申告」より引用

 
 
もっと詳しく知りたいという方は「クラウド会計ソフトfreee」のこちらのページを参照されると分かりやすいかと思います。
 
 
 

確定申告しないとどうなる?恐ろしいペナルティ

 
確定申告しないと恐ろしいペナルティが課せられます。
 
●「無申告加算税」の支払いが発生
 
期間内に確定申告をしないと「無申告加算税」という罰金を支払う事になります。
 
罰金額はその人の税額に応じて決まります。
 
ただし期間を過ぎてしまってからの申告でも、一定の条件に限り無申告加算税の支払い義務か課されない場合もあります。
 
※詳しくは国税庁の「確定申告を忘れたとき」を参照してください。
 
 
●「延滞税」の支払いが発生する
 
延滞税の金額は、申告期日から申告を完了するまで発生し続けます。
 
つまり申告が遅れる程金額も増えていきます。
 
 
 
万が一確定申告を忘れてしまって期限も切れて過ぎてしまった場合は、とにかくすぐに申告を行う事。
 
ここで自主的に申告をしなかったり、知らんぷりすると更に重い罰が課せられる事がありますので、速やかに申告をきちんとしましょう。
 
 
 
当たり前の話ですが、虚偽の申告を行った場合は更に重い罰則が課せられます。犯罪ですから。
 
私が初めて確定申告を行った時、全く知識がなくて色々とネットで調べていたのですが、お悩み掲示板で「自営業で納税額をごまかいていたけど国税局の調査員が来る事になって・・・どうしましょう」といった相談が結構あったのに驚きました。
 
どうしようも何も犯罪ですから、掲示板で相談したところで手遅れですが。。。
 
 
 
納税は「義務」ですから必ず該当する人は個人事業主でも会社員でも期間内にしっかりと行いましょう。
 
 
 

確定申告するなら「白色」より「青色申告」が絶対にお勧め

 
私は初めての確定申告の時は白色申告を行い、2回目の確定申告時には「青色申告」を行いましたが、確定申告は白色よりも青色申告が絶対にお勧めです。
 
白色申告と青色申告の違いや、青色申告がなぜお勧めなのかについては別記事にてまた説明しますので、ここでは簡単にメリットとデメリットに触れておきます。
 
 
青色申告をするメリットは「青色申告特別控除」として65万円の控除を受ける事が出来る事です。
 
65万円の控除を受けるという事は大きな節税となりますし、所得が増える程節税額も多くなるので、所得がある程度得られるようになったら絶対に青色申告にした方が良いです。
 
 
デメリットといいますか、個人的に青色申告への敷居が高いと感じていたのが「複式簿記」。
 
 
青色申告は「10万円控除」と「65万円控除」があるのですが、「65万円控除」の場合、「貸借対照表」や「総勘定元帳」などの作成が必要な為、数字に弱い私は「絶対に自分には出来ーーーん!」とサジを投げまくってました。
 
でも竹川さんから「シノさんの収入なら青色申告にした方が絶対いいよ」「複式簿記の知識がなくても会計ソフトを使えばシノさんなら出来るから」と何度も励まして奮い立たせてもらったおかげで、青色申告を無事にクリア出来ました。
 
 
初の青色申告の際に竹川さんからお勧めして頂いた「やよいの青色申告 オンライン」というソフトを使ったのですが、簿記の知識なくても数字苦手でも全く問題ありませんでした。
 
コチラが竹川さんも私も愛用してる「やよいの青色申告 オンライン」ソフト。
初心者にも分かりやすく使いやすいのでメッチャお勧めです。↓



 
 
 
納税は「義務」ですから、個人事業主は勿論、会社員の方でも必要な人は必ず行う様にしましょうね。
 
確定申告のやり方や必要書類については「確定申告のやり方や必要書類・期間について個人事業主の私が簡単に解説」で初心者の方に分かりやすくお話してますので参考にして下さい。
 
 
※白色申告と青色申告の細かい違い、青色申告で申請する為に必要な手続きについては後日別記事にてお話します。
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓