【4月交流会報告】「今」がベストなタイミング


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
4月18日と20日に第4回目、5回目の【ペンギン交流会】を開催しました。
 
今回は「自分が【今】だと思った時がベストなタイミング」で、その時に動くと必ず次に繋がる道筋が出来るという事をお話しようと思います。
 

 

「今」というタイミングは人によって違うけど・・・思ったら動く事が「ベストタイミング」へと繋がる

 
今回「交流会」に参加して下さったお客さん達は、シノのブログを見つけて交流会の存在を知って割とすぐ思って申し込んで下さった人達が多かったです。
 
今まで「ペンギン交流会」に参加してきて下さったお客さんの「シノの存在を知ってから交流会に参加するまでの期間」は人それぞれで、1年以上ブログを見てずっと迷っていてたけど遂に思い切って参加しました!という方も居れば、シノのブログを知って数日後にメルマガ案内が届いて即決で参加された方もいらっしゃいます。
 
 
で。。。今回シノがお伝えしたいのは期間どうこうについてではなくて
 
 
【今だ】と思った「タイミング」に動ける人は必ず次に繋がるチャンスを掴んでいく事を改めて感じたという事です。
 
 
こういう交流会ってお客さん側の「私達と出会うタイミング」も重要ですが、私達も「お客さんと出会うタイミング」って凄く重要だなって色々な人達と出会ってきて感じるんです。
 
直接会って話したからこそ感じるお互いの雰囲気や空気感って誰でもあるわけで、特に初対面で会う時こそお互いに緊張とワクワクが入り混じった状態で会うから、そういう感覚が普段よりも敏感に働くと思います。
 
 
「今日この日」「このコンディション」出会えたからこそ良かったと感じる事がよくあるのですが
 
そういう時って大体お客さんの方も「先月でも来月でもなくて今回行きたい!今回行かないと!と思って参加したんです」って言われる事が多くて
 
それってお客さんにとっては【今だ】と思ったタイミングで決断されたって事なんですよね。
 
 
誤解のない様に言っておきますと、かといって参加されてるお客さん達みんなが「物凄い覚悟を決めて来た」とかそんな重い意味ではないですよ。
 
「今、このタイミングでこの人達に会ってとりあえずお話だけしてみよう」という気楽な気持ちで来られてる方も沢山居ますし、
 
いざ申し込みボタンを押したものの「本当に参加して良かったのかな・・・」と不安になったというお話もよくお聞きします。
 
実際当日私達に会うまでは皆さんめっちゃ緊張と不安が入り混じった状態で来られるわけで(初対面の上にネットビジネスやってる人達に会うのだからそれは当然だと思います。)
 
だから「よし!交流会参加しよう!」と即決即断出来る人の方が圧倒的に少なくて、ずっと参加しようか迷っていて、でも怖くて・・・の日々を繰り返してきて
 
でもその延々と迷い続けてきた中で、どこかのタイミングで「いや!もうこれは【今】しかないかも」と思う瞬間が来るのだろうなと思います。
 
その瞬間っていわば「もう一人の自分が自分の背中を押してくれてる」というレアな状況なわけですが、この時に「いやでもやっぱり・・・」としぼんでしまわずに、「よし」と思い切って動けるかどうかなのだと思います。
 
 
そして「よし」と思った瞬間に動いた時というのは、大抵「動いてよかった」と思える新たな出会いチャンスを掴んで次への扉を開けるものだと思いますし、それは思い切って動いたからこそ掴める「ご褒美」なのかなと思っています。
 
 
 

「今」と思った時に動いてきたからこそ掴めたものがあると実感

 
これは何もネットビジネスに限った事ではなくて、全ての事に対して言えると思います。
 
私も今までの自分の人生を振り返ってみると
 
【今だ】と思って動いた時は必ず物事が良い方向に前進してきたと思います。
 
まあ、その反面で
 
【今じゃない】と分かってるのに(耐えずに)流れに逆らって無理に動いた時、物事は大体カオスな事になる(良くない方向に行く事が多かった)
 
という失敗も沢山経験してきてますが、でもこれらの失敗さえも動き続けてると幾らでもカバー出来るものだし、むしろ失敗をどんどん積み重ねて経験してるからより成功体験も出来るのかな、とネットビジネスで自立出来る様になってより強く感じています。
 
 

【今しかない】という時は必ずある

 
人によって【今だ!】と動くタイミングや期間はそれぞれなのは大前提ですが、でも私は流石に「止まって待つ」のはせいぜい最長1年じゃないかなと思っています。
 
新しい事に挑戦してみる、新しい人達に会ってみる、前々からずっと抱えてきた想いを実行させる、といった「新しい世界へ飛び込む」事や「初めての事をやってみる」のは誰でも物凄いハードルが高いし、怖いし、面倒くさいし、腰も重いと思います。
 
だから多くの人は「またその内に~」とか「まあまた次回でいいか」と先送りを続けていく内に、気づいたら1年、2年と月日が経っていくのですが
 
動かない期間が長いという事は、「動かない事に慣れてしまう期間が長い」という事で、その期間が長い分だけ更に動きずらくなると思います。
 
例えば連絡しようと思っていた人に中々メールが送れないという場合、その期間が1週間、1か月、3か月と空いていくほど連絡しずらくなります。
 
 
だから人によって【今】というタイミングや期間は違うんですけど、【どこかで動かないと自分も現状も何も変わらないまま】という事は事実なので、「今がこの時なのかな・・・」と感じたら、動いて欲しいなと思います。
 
 
 
「スラムダンク」の山王戦で、背中を痛めた桜日花道は安西監督にベンチに下げられます。
 
マネージャーの彩さん視点で、花道が背中を痛めた事が今後の選手生命にとってどれだけ恐ろしいものかが描かれますが
 
彩さんや安西監督は当然のごとく花道の将来を考えて、花道をもう今試合には出さないという考えを持ちます。
 
 
でも花道は監督に「オヤジの栄光時代はいつだよ?」と聞いた後、「俺は今なんだよ」と言います。
 
いくら命知らずな花道でも、今痛めた背中を抱えたままコートに戻れば将来どんなリスクが待ってるか位は分かってます。
 
 
でも花道にとっては【今】この試合に参加して背中を悪化させて選手生命を絶たれる事以上に、【今】この試合に出ないまま棄権して大事をとる方が「一生の後悔に繋がる」と直感的に思ったんだと思います。
 
花道にとって「最高の湘北ベストメンバーと一緒に戦えるのは彼の人生で【今】この瞬間だけ」だったからです。
 
 
 
「それは漫画の世界だからだよ」と言う人も居るかもしれないですけど、そうかなあ、私はそうは思わないです。
 
 
何がその人にとってベストな状況なのか、何がその人にとって幸せなのかは人それぞれ違いますし、私自身は【今】と思った瞬間に動けない事って絶対に後悔に繋がるし、「過去を悔やむ」のって「他人と自分を比較する」という事と同じ位に恐ろしい事で、最も自分を不幸に叩き落とす行為だと思っています。
 
 
 
私が竹川さんのコンサルを受けたのは2015年8月ですが、私も当然「イギリスから日本に会った事もない人に会いに行く」という恐怖や不安はありました。
 
当時は貯金もほぼなくて金銭的にもキツかったですし、ヨーロッパ⇒日本の航空券って決して安くないので「なけなしの貯金を航空券に使っていいのだろうか」とも考えました。
 
でも当時の私は「ネットビジネスは自己流じゃ絶対に成果出せない。誰かコンサルしてくれる師匠を見つけないとダメだ」と思いながらコンサルしてくてる人を必死にリサーチするも、全く「この人に教わりたい」と思う人が見つからない状態だったので
 
「せっかく見つけたこの人に【今】会いに行かないと後悔する」と決めて航空券を買いました。
 
そして2015年8月に竹川さんと直接会ってすぐに個人コンサルをお願いしました。
 
 
私がよく竹川さんに話すのは「竹川さんのコンサルを受けるのがあと1年早くてもダメだったし、あと1年遅くても私はダメだったと思います」という事なのですが(ダメだったというのは今の様な成果出せてなかったという意味です)
 
これは「2015年8月」に竹川さんの個人コンサルを受け始めた事が私にとっては「最も最高のタイミングだった」と常々思ってきてるからです。(なぜそう思うかはここでは割愛しますが)
 
 
私にとって「最高のタイミング」で竹川さんの個人コンサルを受けれたのは、私が【今だ】と思い切って会いにいったからです。
 
 
 
だいぶ暑苦しい記事になりましたが、アナタにとって【今】と思えるタイミングが来たら、怖くて不安かもしれないけど【動く】という方を選択して欲しいなと思います。
 
必ず次へと繋がる新しいものを掴む事が出来ます。
 
 
ベストなタイミングは人によって違うけど、「今」と感じた時に動いたら必ず掴めるものがある、という事を改めて思い出させてもらった4月の交流会でした。
 
 
 

おまけ:2年ぶりの「完全オフ」でディズニーを楽しんできました。

 
4月22日にディズニーランドに行ってきました。
 
【完全なオフ】を作ったのは恐らく2年ぶりでした。
 
 
私の仕事はパソコンとネットさえあればどこでも作業が出来るので自由度は半端なく高いですが、その反面でワークホリックにもなりがちです。
 
まあ私の場合は元々の気質がのんびりする事が出来なくて常に忙しくしてるのが好きという部分があるのと、ストイックな人間なのでPCが体の一部みたいな状態で常にPC開いちゃうのは仕方ないなとは思ってます。
 
1日によって作業時間は違うので1日2-3時間しか作業しないという日はあっても、【丸一日一切PCを開かない、メールチェックもしない】という日は多分この2年間で1日も無かったと思います。
 
 
ジムに居る時でさえタブレットとスマホ2つ並べてメールチェックしながら走っていたりしてる状態だし、隙間時間・待ち時間や電車乗ってる時間もスマホでメールのチェックや返信、コンサル生の人達のブログをこまめに読む、という事を常にしています。
 
 
でも昨日(この記事を書いてるのは4月23日)のディズニーランドだけは、「仕事の事は一切チェックせずにディズニーを楽しむ」と決めました。
 
 
一緒に行った彼がアトラクションの待ち時間に大好きなYoutubeを観始めると、つい私もメールチェックしそうになりましたが、そこはストップ。
 
「ゲーム・オブ・スローンズ」という海外ドラマに今ハマってるので、その続きをAmazonプライムで観てました。
 
ディズニー自体はそんなに混んでなかったですが、ショーやパレードも片っ端から見てったので待ち時間が結構多くて、おかげでエピソード3話分観れました。
 
 
丸1日完全なオフを作ったのが2年ぶりってどんだけ中毒なんだ自分って思ったけど、でも中毒になる位に今の仕事、大変な事もあるけどやり甲斐あるし、大事なお客さん達も居てくれてるからこそ自ら望んでワークホリックになれてるんだよな、と感謝しながら寝ました。
 
 
次回のペンギン交流会に興味ある方は「ペンギン交流会のご案内」を参照してください。
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓