【第3回ペンギン交流会】ネットビジネスは「副業」→「複業」の手段


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
3月28日に開催された【第3回:ペンギン交流会】も、とても楽しくてリラックスした素敵な時間を頂きました。
 
前回の【第2回目:ペンギン交流会】&シノの闇記事については「第2回目ペンギン交流会報告とシノの闇開示記事です」を参照してください。
 
今回は交流会のご報告と、お客さん達とお話した大切な事についてお話します。
 

 

収入の柱は複数あった方が良い:「副業」→「複業」の手段を持とう

 
今回の交流会に参加された会社勤めされてるシングルマザーの方が、ネットビジネスを始めた理由が「1つの会社で働き続ける事への不安」とおっしゃってました。
 
 
交流会でもお話した【収入の柱は複数あった方が良い】という事についてお話します。
 
 
私はこのブログを通じて「好きな事してブログで独立目指そう」という事をお伝えしてきてますが、それはブログで成果出したからといって会社を辞めた方が良いという意味ではありません。
 
ブログで成果出してから会社を辞めるか続けていくかは本人の自由だと思いますし、むしろせっかく今居る会社での仕事がやり甲斐があったり、人間関係が良かったり居心地が良いのであれば辞めずに続けていって良いんじゃないかなと思います。
 
 
私がネットビジネスで独立出来る様になった方が良いとお伝えしてるのは、会社を辞めるか辞めないかという事ではなくて「ブログで独立出来る様になると選択肢が広がって余裕を持って生きれる様になる」からです。
 
 
「余裕があるかないか」は本当に毎日の生活を左右していくと思います。
 
 
会社員を続けていくにしても、「この会社でしか収入がない。ここを辞めたら収入が途絶える」という状況なのと
 
「この会社を辞めても自分には他に収入の柱がある」という状況なのとでは、働く本人の気持ちが全然違ってきます。
 
 
前者の場合は余裕がない状況ですから、上司から無理難題を押し付けられてもNOと言えなくてイエスマンで居ないといけなかったり
 
業務に対するモチベーションよりも「お金を稼ぐ事」が働く一番の理由になってると、仕事がルーチンワーク化してやり甲斐がなくなっていきます。
 
 
でも「他に収入の柱があるという「余裕」があると、極端な話「この仕事断わってクビになってもいいか」とNOと言える様にもなると思いますし、よりストレス少なく自分らしく仕事が出来る様になるので、結果仕事がもっと楽しくなるという事だってあると思います。
 
 
収入面でも1か所の収入だけに頼るよりも複数の収入源があった方が「余裕」が生まれます。
 
 
 
私は大学を卒業してから27歳で少年漫画の賞を頂くまでの5年間(22歳~27歳)、持ち込みと並行して正社員として働いていました。
 
最初の2年間は大学時代からバイトしていたCDショップで正社員にしてもらえたので卒業後もそのまま働き、その後CDショップが倒産して、漫画の世界に飛び込むまでの3年間は施設で事務職をしていました。
 
なので接客業と事務職で正社員経験がありますが、この頃は「他に収入の柱を作る」なんて考えは全くなかったですし、「今の会社を辞めて収入途絶える事だけは絶対にしちゃダメだ」という不安と焦りが常にありました。
 
当時は実家暮らしだったものの、母親が漫画家になる事に大反対だったので、後ろめたさと申し訳なさから家賃を多めに入れていた事
 
漫画家の世界に飛び込めても漫画だけでご飯食べれる程甘くないから、貯金はしておかないとヤバイ!という気持ちが常にあった事
 
こういった状況だったので当時勤めていた会社は絶対に辞めるワケにはいかず、余裕なんて全くない状態でストレス抱えて働いていました。
 
 
販売職の時は本社からお店の副店長に抜擢して頂いたのですが、当時の女性店長が日によってアップダウンが激しい上に遅刻・早退をしょっちゅうする人だったので、実質私が店長の仕事もしていました。
 
そのお店はお客さんからのクレームも多く、店長とのやりとり以外にもお客さんのクレーム対応も毎回笑顔で対応して、店長からの仕事依頼も決してNOとは言わなかった(言えなかった)ので、ストレスは相当なものでした。
 
 
その後少人数で運営する小さな青少年施設の事務職に転職したのですが、経理事務をやっていた先輩から経理の仕事をどんどん振られる様になったり、セクハラ&パワハラを受けた事があったり、やっぱりここでも色々なストレスはありました。
 
 
今でこそ「好きな事やって自分らしく生きよう」という事をブログやメルマガで発信出来てますが、私自身も過去にこうした会社員経験はあるので、「ここしか収入を得る場所がない」という恐怖や不安も分かりますし、組織に上手く染まって渡っていかないといけないストレスも分かります。
 
 
だからこそ「余裕」が出来る事の大切さを実感してますし、「余裕」が生まれると仕事もプライベートも良い意味で一変する事を体感してきているので
 
時間かかるし大変な道のりではありますが、ぜひ「余裕」を得る為の収入の柱を作っていって欲しいなと思っています。
 
 

私が竹川さんのコンサル受けたのも、こんきちさんが私のコンサル受けたのも「直接会えた」から

 
交流会の最大の醍醐味は「お互いに直接会って同じ空間を共有出来る」事です。
 
直接会うと、お互いに相手のちょっとしたしぐさ、表情、雰囲気を感じ合えますが、これは文章や画面を通じての動画や音声では中々伝わりません。
 
 
「会ってみて動画のイメージ通りでした」というお客さんもいらっしゃれば、「会ってみたら全然イメージと違いました」というお客さんもいらっしゃいます。
 
ちなみに「会ってみたら全然イメージと違いました」と言うお客さんの場合は、「会う前のシノのイメージは厳しそう・怖そうだったけど、実際にあったらユルくて全然怖くなくてビックリした」というパターンがほぼ100%です。笑
 
 
あと今回参加してくれた男性のお客さんからは、「こんきちさんは全然喋らなそうなイメージだったけど、すごくよく話す方でビックリしました」という感想も頂きました。
 
 
相手が本当はどんな人なのか、自分と相性合うのか、「直接会って同じ空間を共有する」事で感じ取れるのが90%だとしたら
 
文章や動画・音声で伝わる度合いはその半分にも満たないかな~と私は思っています。
 
 
 
私が竹川さんのコンサルを受けると決断したのは「直接会えた」からですし
 
こんきちさんも私のサポートを最初に申し込んでくれた時は週1回のサポートコースで、その後セミナーで直接会った事がきっかけでコンサルコースに来てくれました。
 
 
初対面の人と会うのは緊張するし疲れるし、行くまでも腰が重いものだと思います。
 
特にネットビジネスという世界だと、より「この人達に会いに行って大丈夫だろうか」と疑心暗鬼になるものだと思います。
 
実際に他のガンガン系・キラキラ系のセミナ―だと「参加者は高い商品買うまでは帰れない」というものもありますし(シノは竹川さんと出会う前に昔間違って参加しかけた事がありました)怖い気持ちありますよね。
 
 
・・・ああ、怖いのはシノが怖いイメージだからなのかな。
 
まあ、怖いかどうか直接確かめてみる、何が怖いのか確かめてみる、という動機で来てみて頂くのも大歓迎です。笑
 
 
 
ちなみに「ペンギン交流会」はファミレス開催なので、ドリンクバー飲みながら、お腹空いた人はご飯食べてもらって、かなり自由&気楽な感じで開催しています。
 
 
 
今回もとてもリラックスした雰囲気で楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 
 
4月も交流会を開催しますので、興味ある方は是非お待ちしています。
 
 
交流会参加したいけど心配な事とかありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓