【プロ漫画家達から学んだ】ブログ記事のネタ切れ解消法!初心者必見「ネタ探しのコツ」


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
今回は漫画家時代に私が先輩作家さん達から学んだ、「ブログ記事のネタ切れ2つの解消法」についてお伝えします。
 

 
●「ブログ記事のネタ切れ即解決【プロ漫画家達が実践してる2つのネタの探し方】」について解説した動画はコチラ↓

 
 
上記の動画の内容を下記で解説していきます。
 

はじめに:「天からネタが降ってくる漫画家」なんていない

 
少年漫画家時代、週間連載をする様々な先輩漫画家さん達のアシスタント現場を経験してきました。
 
稀に「天からアイデアが降ってくる」とお話してる漫画家さんが居ますが、それは一部の天才的なセンスを持ってる人達だと思います。
 
私がアシスタント現場で見て来た先生達には、「アイデアが自然と降ってくる」という作家さんは一人も居ませんでした。
 
週間連載というのは毎週締め切りが来る世界なので
 
・1話書き終わったらすぐ次週分の話を考える為に机に向かい続ける
・アイデア切れやストーリー展開に毎日苦しむ
 
どの先生達もみんなネタ切れやアイデア出しに苦しんで居ました。
 
 
そんな中で多くの漫画家さん達が実践していた「ネタを見つける2つの方法」は、ブログ記事のネタ切れ解消にも大いに生かせます。
 
私はネットビジネスを始めたばかりの頃も、この方法を知っていたおかげで記事のネタ切れに困りませんでした。
 
という事で、2つの方法をお伝えしていきます。
 
 

1、インプット量を増やす(リサーチを深める)

 
自分が持ってる知識・経験だけで記事を書き続けても、必ず限界が来ます
 
常日頃から情報・知識をどんどんインプットしておくと、自分の中の引き出しが増えてアイデアやネタが浮かびやすくなります。
 
 
1、本を沢山読む
 
漫画家さんの家は本・資料の山積み。原稿描きの合間に常に本を読んでいました。
 
興味がある分野の本を沢山読んで、どんどん自分の中の引き出しに知識や情報を入れていました。
 
 
2、キーワード検索して情報・知識を増やす
 
キーワードを打ちこんで出てきた「予測関連キーワード」を組みあわせて、記事ネタになりそうな組み合わせを見つける、という方法です。
 
グーグルの検索窓や、無料ツールのgoodkeywordに自分が興味あるキーワードを一語入れると、予測関連キーワードが沢山出てきます。
 
それらを見て行くと、「この組み合わせなら記事書けるかも」と思える複合キーワードが結構見つかります。
 
私はブログ始めた当時から今も、ずっとこの方法は活用しています。
 
 
3、他の人のブログ記事を読む
 
●同じ情報でも「アナタの視点」で書けるネタがあれば参考にする。
●面白いと思う記事があったら「なぜ面白いのか」を分析してみる。
 
コンテンツ価値の高いライバルブログに恐れをなしたり自信を無くすのではなくて、良いお手本として参考にしていけると、自分自身も様々な視点から記事を書ける様になり、記事のバリエーションも増やせていけます。
 
 
4、悩み掲示板に対する答えを書く
 
ネット上には様々な悩みを相談してる掲示板やコミュニティ記事があります。
 
自分が興味ある分野での悩みを発見したら、その悩みに「自分だったらどんな意見を言うか」を記事にしてみましょう。
 
ネット掲示板に書かれてる悩みは、リアルでお客さんが困ってる「生の悩みの声」なので、そこに答える記事を書いてあげると、同じ様な悩み抱えたお客さんにとって物凄いお役立ち記事になります。
 
 

2、アウトプット量を増やす

 
プロ漫画家さん達は、仕事以外の時間でも「本編と全く関係ない4コマやイラストを走り描き」したり、描く事が浮かばなくても「セリフやラフイラストをノートに描いたり」常にペンを握って何かしら描いてました。
 
走り描きのイラストや4コマが元になって
 
・本編のストーリーのアイデアに繋がった
・考えもしなかった面白い展開に繋がった
 
という事が常にありました。
 
せっかくインプットしても「アウトプットしない(インプット過多)」状態にしてしまうと、せっかく引き出しの中に増やした情報や知識を生かす事が出来ません。
 
 
アウトプットする際に知っておいてほしい事が3つあります。
 
●日記記事でもOK
 
「今日の面白かった出来事」とか「今日感じた事」等、ブログのメインテーマと直接関係ない記事を書くのもOKです。
 
むしろ日記記事も時々あった方が、書いてる自分自身も息抜きになりますし、お客さんも「日記でしか知れないアナタの一面」を知る事が出来て親近感が湧きやすくなります。
 
 
●書いてはいけないネタは無い
 
他の人の記事のコピペ、誹謗中傷は絶対厳禁というのが大前提ですが、書いてはいけない記事はありません。
 
「お客さんにとって役立つ記事しか書いてはいけない」と手を止めてしまう人が多いですが、どの記事がどんなお客さんのお役立ち情報になるかはわかりません。
 
自分にとっては全然お役立ちな内容でなかったり、当たり前すぎて新鮮味がない内容でも、その情報を見て役立ったと感じてくれるお客さん、思ってる以上に多いんです。
 
 
●「完璧主義」は継続の敵
 
完璧主義になり手を止めてしまうのは本末転倒です。
 
ブログというのはとにかく「記事を書き続ける」事をしていかないと、収益化には繋げられません。
 
文字数が少なくても未完結でもいいから「文字を書く」事を続けていく事が大事です。
 
 

まとめ:【プロ漫画家達から学ぶ】ブログ記事のネタ切れ解消法!

 
1、インプット量を増やす(リサーチを深める)
 
2、アウトプット量を増やす
 
 
★人の感情を揺さぶる記事の書き方については【少年漫画の主人公に学ぶ】ブログで共感を得る文章の書き方を参考にして下さい。
 
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
「初心者でも大好きな趣味ブログで稼げる様になる道のり」については↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して趣味ブログで1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓


 
 
 
「好き」な事をやって独立起業で成功したい!という方はコチラ↓
 
私がわずか2年で会社員時代以上の収入を得られる様になった秘密を大公開↓↓