「人と違う」という悩み・不安や生きづらさ抱えてきたからこそ光れる場所がある


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
「人と違う」という悩みや不安を抱えて生きてる人、沢山居ると思います。
 
特に日本は「人と同じ=大多数の行く道が正しい」という文化や価値観が強いから、ちょっと人と違う道を進んだり価値観を持ってるだけで「変わってる=悪い」という烙印を押されますし、学校でいじめにあったり職場でなじめなかったり「たまたま大多数の人と違う」というだけで少数派の人達が生きづらい社会だなって思います。
 
私は小学校の頃からずっと周囲から「変わってるよね」と言われ続けて生きて来た人間なので、20代後半位まで「人と違う」事に対する恐怖・悩み・不安を常に抱えて生きてきました。
 
でも海外で暮らしてからやっと「人と違う」事は魅力だという風に思えるようになって、更にネットビジネス始めてからは資産型ブログという世界では「人と違う」からこそ光れるんだという事をリアルに体感してきたので、今回は「人と違う事は悪い事じゃなくてむしろ魅力になる」という事を伝えたいと思います。
 

 

「人と違う」のは当たり前だし悪い事じゃない

 
そもそも人間なんて十人十色で全く同じ人なんて存在しないし、「大多数と違う=人と違う」→「悪い事、おかしい事」なんかじゃない。
 
 
集団行動が苦手で上手く出来ないのも、会社やサークルになじめないのも、皆でご飯や飲み会に行っても上手く話が出来ないのも、皆がすんなり出来る事をこなすのに時間がかかるのも
 
「出来る=良い」「出来ない=悪い」んじゃなくて、ただ単に「みんな得意・不得意な事が違う」というだけの事。
 
 
見た目・性的趣向なんかでも「人と違う」事で苦しんでる人は沢山いる。
 
 
最近一気に有名になった「LGBT」という言葉。
 
 
「大多数=同性を好きになる」から、少数派のLGBTの人達が「変わってる」「おかしい」という言葉で括られちゃうわけなんだけど
 
 
人って全員違って当たり前だし、人と違ってるから個性あって面白いんじゃないの?って私は思います。
 
 
会社やサークルに上手く馴染めない人は・・・
・たまたまそこの集団には属したくなかっただけで、他の集団となら相性合って楽しく過ごせるかもしれないし
 
LGBTの人は・・・
・たまたま好きになった相手が同性だったというだけだし
 
物事をこなすのに時間がかかる人は・・・
・その事をこなすのには時間かかるかもしれないけど、別の事をやってみたら人よりも早いかもしれない
 
 
大多数の人が「変わっている」と思う事を「変わってるんじゃなくてその人の個性と魅力」だと今でこそ言えるけど、私自身もずっと「変わった人だね」って言われてきて「自分はおかしいのかな」と息苦しさを感じてきました。
 
 

「変わってるよね」という言葉の殺傷力の半端なさ

 
私はこどもの頃から「変わった子」だと言われながら生き続けてきました。
 
ニヒリズムだし、オーラ強すぎるし、子供の頃から行動力も半端なくてぶっ飛んでたし、繊細だから空気読みすぎて大人も驚く位に気を遣いまくって
 
こんだけの要素が揃っていて、変わってないわけがない。
 
 
ずっと「変わってる」って言われ続けて生きてきたから「私は変わってる人間なんだな」って自覚せざるをえなくて、自分らしさを出すのが怖くなったり、生きづらさを感じた事が何度もあった。
 
 
私の母親は世間体を凄く気にする昔気質の人で、母親からもよく「あなたは自分の意見を言い過ぎる。社会に出たら【生意気】って年上の人に思われるわよ」とか「どうして他の子と同じ様に振るまえないの?」とか言われ続けてきた事も強く影響して
 
「変わってる」のは「悪い事」と思って生きてきたから、「悪い部分しかない自分は生きてる事自体がおかしい事なんだろうか?」って20代前半までは毎日の様に感じて生きてました。
 
 
「変わってる」とか「普通の人はそれしないよー」とか言われても、何が変わってるのかも分からないし、普通の人はじゃあどうするの?って疑問だらけで
 
そこが分からない自分は「変わっていて普通と違う」のだろうし、でもそれを「普通」にする事は簡単に出来ない。
 
 
でも「普通」にしてないと、「変わってる」とか、あまり良くない言葉を母親や周囲から言われる事の繰り返しで、繊細で敏感だから人の言葉ですぐに傷つくし、傷つきたくないから「大多数の人と同じ=普通」っぽさを演じるんだけど、本来の自分で生きてないからそれもすぐに疲れてしまって・・・
 
20代後半までずっとそんな感じで生きてきたんだけど、漫画家の世界に入って個性的な人達に沢山出会って、その後に海外に飛び出て生活して色んな国の人達の価値観に触れて
 
やっと「人と違う」自分を受け入れて自分らしく生きれる様になった。
 
そして資産型ブログというものに出会って実践していく中で、ブログというのは「人と違う」本来の自分を出せば出す程、それが強みや個性になって光れるものだと体感した。
 
ブログ、インターネットという媒体のおかげで「人と違う」私をありのまま受け入れてくれる仲間、「人と違う」からこそ私を選んでくれるお客さんとも出会える様になった。
 
 
 

「人と違う」人生を歩んできた経験がブログでは強烈な魅力になる

 
殆どの会社や組織では、「変わっている」というのはマイナスだと捉えられます。
 
だから性格や言動、見た目、性的趣向など色々な面で少数派の人は、今まで生きて来た中で「変わってる」とか「おかしい」とかネガティブな言葉を沢山聞いて来てると思うし、いっぱい傷ついてきてると思います。
 
 
でも個人資産型ブログっていうのは会社とは真逆で「変わっている」「人と違う」程、アナタだけの「味」が出て個性が光るし、味が出る程お客さんは深く共感してくれてファンが増えていきます。
 
性格的な部分で「変わってる」と言われて来た人も
 
見た目や性的趣向で「変わってる」と言われて来た人も
 
ニート、引きこもり、学校を中退した等、「大多数の人が行くレールから外れた」経験がある人も
 
その「違い」をブログ記事に出せば出す程、個性として光って「味」が出て、アナタという「キャラクター」が際立つしファンが増えて成果にも繋がります。
 
 
自分にとってマイナスな部分、過去の闇や失敗だと思ってる経験、ネガティブな部分を出せば出す程、ファンは増えていきます。
 
 

私は「変わってる」人間で良かったと思う

 
これまで沢山のお客さんがサポート申し込んで下さってきたけど、お客さんが私を選んで下さってきてるのって、私の「成果や実績」の部分だけじゃないと思うんです。
 
もちろん、成果や実績も選ぶポイントの1つにはなってると思いますけど、シノという人間にどこかしらのポイントで共感してくれて、興味持ってくれて、そして選んでくれたと思うんです。
 
 
だから私は変わってる人間で良かったって思う。
 
だって私が変わってなかったら、今の自分は居なかったわけだし、今の自分が居るおかげで沢山お客さんと交流出来てるし、大事な仲間達にも出会えたから。
 
 

「人と違う」自分を受け入れてくれる仲間や居場所を見つる大切さ

 
でも私が「人と違っていい」と堂々と言える様になったのも、自分自身に対して思える様になったのも、「人と違う」私をありのまま受け入れてくれる居場所が出来たからだと思う。
 
竹川ファミリーの人達は誰一人として「人を否定する」という人が居なくて、こんな居場所ってネットビジネスどころかリアルの社会でもそうそうないと思う。
 
私は竹川ファミリーの人達と交流して3年半位経つんだけど、実は最初の2年位は自分の中で距離を作って居ました。
 
それは自分が「変わってる」から、自分の強すぎるオーラでみんなの事を傷つけたくないっていう思い込みがあったから。
 
竹川ファミリーの人達は内気で穏やかな大人しめの人達が多くて、自分や今まで仲良くしてきた友達とは真逆なタイプの人達だったから、どうやって距離を保って良いか分からない戸惑いが正直あった。
 
皆優しくて一緒にいると心地良いし、こんな自分を暖かく見守ってくれて、優しい言葉をかけてくれて、だからこそこの人達を自分の強すぎるオーラや言動で傷つけたらどうしようっていう怖さがあった。
 
だけど2年という年月が経った頃から、この人達は今のままの私だから魅力的だと言ってくれたり思ってくれてるんだって事にやっと気付けてきて
 
その時に改めて私は、変わった自分を既に受け入れたつもりだったけどまだ受け入れられてなかった部分があった事にも気付けて
 
皆の事をもっと信頼しよう、今のままのシノだから良いって言ってくれてるんだからその言葉や想いを信頼しようって思えて
 
ようやく昨年初めて竹川さんに自分がニヒリズムな感覚を持っていて強い闇を抱えてきてる事とか吐きだせる様になって
 
そしたらやっと、変わってる自分、人と違う自分というものを私自身が以前より更に受け止められる様になった。
 
 
ダークサイドで既に生きてます、とか、崖のぼって忙しくしてないとニヒリズムにやられて消えそうになる、とか開き直って言える様になった。
 
 
竹川さんや竹川ファミリーの人達が「人と違う私」を、「そんなシノさんだから魅力的なんですよ」って言ってきてくれたように、受け入れてきてくれた様に
 
私も十人十色なお客さん達のありのままの姿や本音を知れば知る程、そのお客さんの事をもっと好きになるし
 
 
自分1人で自分の「変わったところ」「人と違う所」を受け止めていくのって中々難しくて、それを受け止める手助けをしてくれる仲間や居場所があれば、もう少し「楽」に出来るんじゃないかなって思います。
 
 
一人で沢山の荷物抱えて毎日歩いてたらしんどくて倒れちゃうから、一緒に荷物を持ってくれる仲間、荷物を置いておける居場所を見つけてほしいなと思います。
 
 

おまけ:自分らしく生きれる背中押してくれる曲を紹介します

 
私がいつも聞いてるお気に入りの曲の一つ、テイラー・スイフトの「Shake it off」。
 
「人と違ってもいいじゃない、私は私らしく生きるよ」って事を歌ってるのですが、凄くいい曲&歌詞なので紹介します。
 
かなり有名な曲なので聞いた事ある人多いと思いますが、洋楽って歌詞になかなか注目しなかったりするから、「Shake it off」の意味知らない日本人の人多いんじゃないかなあ。
 
日本語和訳付きです↓

 
テイラー・スイフトは子どもの頃いじめに合っていて、「友達が居なかったから毎日家で一人でギターを弾いていた。だからギターが上達したわ。いつか有名な歌手になっていじめっ子たちを見返してやるんだってずっと思っていた」と以前インタビューで話していました。
 
 
 
「人と違う」経験、価値観、見た目があるアナタだからこそ魅力的だし、資産型ブログはその「違い」こそが個性になって輝きます。
 
だからアナタにしか伝えられない「違い」を発信していって欲しいなと思います。
 
それを見て同じ様に悩んでるお客さんが背中押されたり心救われたりするし、強烈に共感してくれてファンになってくれたらブログの成果にも繋がっていくし、お客さんにとってもアナタにとってもハッピーハッピーになっていきます。
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓