ネットビジネスで成功する秘訣は【継続】。私が不安乗り越え独立出来た考え方や方法論


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
ネットビジネスの世界で成功する為の最大の秘訣は【継続】だと私はよくお話ししています。
 
でも【継続】ほど難しい事ってなくて、何かを一生懸命【継続】している人程、「不安・葛藤・恐怖」といったネガティブな感情と戦い続ける事になります。
 
今回は、私がネットビジネス独立の為に必要だと思う考え方、実際にどうやって不安抱えながらも独立するまで継続してこれたのか等について色々とお話します。
 
今回は今まで以上にストレートに想いを伝えたいので色々とぶっちゃけて本音で書いていきますが、私が実践してきた考え方、時間の使い方、色々な事との向き合い方、一つでもアナタにとって今後ネットビジネスを続けていく上で参考に出来るものがあったら嬉しいです。
 

 

私は「やらない後悔」よりも「全力でやった後悔」を選択・決断し続けてきた

 
私は今までの人生で「自分が何が何でも掴みたい、実現させたい」と思った事は多少無理矢理にでも一通り実現して叶えてきたと思う。
 
私が人生の中で実現してきた事は、大多数の人が「自分には無理だ」と思い込んで実現しないものばかりじゃないかな、と思っています。
 
その中でも最も大きいのはやっぱりこの2つだと思う。
 
 
●5年間という年月をかけて、何万人ものライバルと競いながら大手出版社でプロの漫画家になった事
 
●ネットビジネスで独立する、精神的・経済的自立という生活を実現させた事
 
 
人生で色々と挑戦して結果を出してきてるから、お客さんや友人達からよく「何でそんなに頑張り続けられるの?」と聞かれてきたのだけど
 
答えはシンプルで、私は「やらない後悔をする位なら、全力でやりきって後悔したい」という信念がずっとあるから。だから頑張れる。
 
 
漫画の持ち込みをしていた時も、ネットビジネスをやり始めた時も、きつくて辛い時期は結構長かったし、最初から順風満帆に行った出来事なんてなかった。
 
だからそれらの努力を「センス」とか「才能」という言葉に置き換えられるのは正直あまり好きじゃない。
 
もし本当に才能なんてものがあったら、漫画家になるのに5年もかかってないし、ネットビジネスで100個もブログ量産してない。
 
 
「本当に自分に出来るんだろうか」という不安
 
「自分てホントダメだなあ。。。」という落ち込みや自信喪失
 
「このままこの道を歩み続けてていいんだろうか、方向転換するなら今かも・・・」という葛藤
 
 
私も、こういったネガティブなものと嫌という程戦ってきてるし、いつだって「これをやったら絶対に辿り着ける」なんて確信ないまま続けてきました。
 
掴み取って結果出た後に振り返ってみると「ああ、こうやってきたから掴めたんだ」と冷静に分析出来るけど、毎回目指してる最中はガムシャラに必死こいてますから、自信があった事なんて何一つ無かったです。
 
 
何が言いたいかというと、私も同じ様に不安、葛藤があったり自身喪失したりするわけで、それはどんなに成功してる人間でも同じだと思うし、だからアナタ一人だけが辛い感情抱えてるわけではないから大丈夫だよーという事と
 
でも不安や言い訳を口にして立ち止まってるだけだと何も変わらないし前に進めないから、不安や言い訳しながらも一歩ずつでも行動して継続してみようよ、ていう事。
 
 

人を妬んだり羨んでるうちは「全力」でやってないという事

 
これだけ大きな事を実現してきてるから、沢山の嫉妬や嫉みの視線・言葉も浴びてきた。
 
特にネットビジネスの世界で感じてきた&受けて来た妬みや嫉妬のオーラや言葉は漫画家の世界に居た時以上だった。
 
会社という形ではないけれど、やっぱり未来型も沢山の人達が集まる組織・集団なワケだし、特に女性同士はやっぱり何かしら渦巻くものは起こるのは仕方ないんだなあ、て再実感させられてきた。
 
 
最初の1年は、その妬みや嫉妬オーラ・言葉がグサグサ刺さって傷ついて、でも同じ土俵で感情的になって揉めるのだけは嫌だったから、それを発してる本人の前では笑顔で乗り切って・・・
 
当時慣れてなかったお客さんのサポートよりも、こうした内部での嫉妬や嫉みの視線・言葉の方が正直大変だった。
 
親友達に時々吐き出して聞いてもらったおかげもあって、徐々にそういうのは気にしないマインドが出来上がっていった。
 
 
 
でも未来型の中で約4年やってきてやっぱり思うのは「人を妬んだり羨んでる人」とか「責任転嫁したり被害妄想ばかりして自分自身に覚悟と責任を持ってない人」は、自分の事に全力で集中してないから成果は出せてない。
 
そういう人は5年やっても10年やっても成果出せるわけがないし、逆に「人を妬む暇があったら自分の事に全力で取り組んでる人」や「責任転嫁をしないで自分の責任と覚悟で行動・決断してる人」は早く成果出せる様になる。
 
 
 
私がネットビジネスで成果を出せたのには3人の恩人の存在があります。
 
一人は師匠の竹川さん。
 
もう一人は同じく竹川さんのコンサル一期生(私の方が半年後輩ですが)で、ここまで一緒に未来型を引っ張って支え合ってきたきた仲間であり戦友でもある千聖ちゃん。
 
そしてもう一人は私が未来型入った時の大先輩であるえみさん。
 
 
人を妬んだり嫉妬して責任転嫁したり、被害者妄想しかしない人というのは、きっと今までの人生で「腹をくくって自分の覚悟と責任で何かを成し遂げた」経験がないんだと思うんだ。
 
たった一度でも「腹をくくって自分の覚悟と責任で何かを成し遂げた」経験がある人なら、自分よりもすごい人(凄い人の定義は人によって違うけど)に出会った時、まず「嫉妬」なんて感情にならないから。
 
「凄いな、ここまでの成果を出してるって事は相当努力してるって事なんだろうな」ていう方向に考えがいくハズだから。
 
 
私はえみさんに出会った時、まさにこの感覚で、「スゲー人に出会った。何が何でもこの人に追いつきたい」という自分の目標となった人でした。
 
この時に私がえみさんに嫉妬してるだけで腹くくって自分の事にフォーカスしなかったら絶対に今だに成果出せてなかったし
 
えみさんという大きな目標が居てくれたからこそ、がむしゃらに頑張る一つのモチベーションにもなったので、えみさんにもとても感謝しています。
 
 
 
ネットビジネスは100%努力と成果が比例するとまでは言えないけど、でもやっぱり数字っていうのは嘘をつかなくて、数字出せてる人はそれなりのメンタルやマインドを持ってるって沢山の人達と向き合ってきて確信している。
 
それなりの成果を出してる人というのは、誰かに嫉妬したり言い訳する暇がない位に、必死こいて全力で頑張ってきてる。
 
言い訳したり嫉妬してる内はまだまだ余力があるという事で、ネットビジネスの世界は全力出してない人が成果出せる程甘い世界じゃないんだよ。
 
だから誰かに嫉妬したり妬んでる時間があったら自分の事に集中した方が、よほど時間も精神力も効率的に生かせるのに。
 
嫉妬や嫉みの時間というのは自分自身を神経衰弱させるだけだし、何一つ前進しないから、そういう考え方の癖は少しずつでも変えていかないと、ネットビジネス以外でもどんな世界でも成果なんて出せないよ。
 
 

恐怖や不安はあって当然。と考えられると大分変わる。

 
「ネットビジネスで成果出せる様になったら今の不安や恐怖も消える」と考える人も多いと思うんだけど、残念ながら恐怖や不安・孤独が消える事はないと私は思っている。
 
成果を出したら出したなりの次の不安・恐怖・孤独は必ず襲ってくる。それは私自身がずっと体感してきてる。
 
 
会社勤めだろうと個人事業主だろうと、結婚していようと独身だろうと、どんな環境にいてもその環境やその人なりの不安・恐怖・孤独は絶対にある。
 
それが生きてるって事だと思うし、その感情や葛藤が無くなったら機械であって人間ではないよね。
 
だから恐怖や不安といった感情や葛藤が消える事なんてあり得ないし、どんな世界にいてもずっとついて回るものだと思っています。
 
 
私は漫画家の時に恐怖や葛藤を拒絶して、ネガティブな感情から必死に逃げて、その結果パニック障害になりました。
 
その時に学んだのだけど・・・恐怖・不安といったネガティブな感情や葛藤というのは、拒絶すればする程大きくなります。
 
人の悪口を言えば言う程止まらなくなって自分が負のオーラに包まれていくのと同じで、恐怖や不安というのは「人の弱さやネガティブを好物とする怪物」だと思います。
 
拒絶すればする程、この怪物は心を蝕んで自分に対する攻撃力も強くなっていく。
 
 
だから、拒絶するんじゃなくて「恐怖や不安」の感情をまずは一旦自分の中に受け入れてあげられる様になると、ネットビジネスで絶対に切り離せない「恐怖や不安」を感じならも、継続しやすくなると思う。
 
 
ただ恐怖や不安に心支配されて怯えたりパニックになるんじゃなくて、少しずつ冷静に「考える」練習をしてみると良いと思う。
 
「何で自分は今モヤモヤしてるんだろう?何が原因なんだろう?」と分析をしてあげて
 
その原因が今すぐに何か行動して解決するものだったら、その為に必要な行動をし始めれば良いし
 
今すぐには解決しない、時間が必要なものだったら、「時間が必要だから今はやり過ごそう」と流せる様に他の事に意識を向ければいいし
 
そうやって自分の感情と一度じっくり向き合う、という練習はとても大事だと思う。
 
 
 
私は離婚をしてボロボロに落ちた時期、これを毎日繰り返しやっていました。
 
離婚前からネットビジネスで「経済的な自立」はしていたけど、精神的には前夫に依存していた状態だったから、この離婚を機に「精神的にも自立」を果たす事が出来た。
 
 
以前の自分は、すぐに感情に支配されていたし、自立心もなかったし、人や周囲にばかり期待してその結果甘えて不満ばかり感じてて、「自分自身に覚悟と責任を持てていない」、何とも依存心満載な人間でした。
 
でも今の私は、(不安な感情や葛藤は同じように湧き上がるけれども)常に冷静に自分や物事を俯瞰出来るし、人や周囲に期待せずにまずは「自分自身の覚悟・責任で決断する」事が出来るし、その結果問題や心乱す様な出来事が起こっても自分で冷静に対処出来る力が身に着きました。
 
大変な事や壁にぶち当たっても誰かのせいにするなんて事一切無くなったし、逆に新たな成果や嬉しい事が起きた時は周囲で支えてきてくれた人達に感謝出来る様になりました。
 
 
だから今は多少の事や言葉じゃ心揺らがないし、ドーンと落ち込む様な事もない。どうやって自分の感情をコントロールするかも十分に分かってるから。
 
 
ネットビジネスというのは「不安や葛藤抱えたまま継続する」という事が出来ないと独立は出来ないし、独立したら独立したで新たな不安や葛藤が生まれますから、ここを超えないと、とてもじゃないけど続けていけないです。
 
 
勿論簡単に変わる事は出来ないし、時間かかるし大変だけど、でも私は実際にこの方法で変われたから是非試してほしいと思う。
 
 
 

優先順位を常につける事

 
忙しくて時間が足りない、疲れて出来ない、と言う人程「優先順位」がきちんとつけられていない。
 
誰だって日々の中でやらないと行けない事は沢山ある。24時間はあっという間に過ぎてしまう。
 
だから「自分の優先順位」を一度しっかりと立てて整理する事が大事。
 
 
優先順位の付け方なんかは書店でも沢山本が売られてるけど、ああいう本をせっかく買っても「実践」しないと何も意味がない。
 
ただ読むだけじゃなくて「紙に書き出して行動に移してみる」とか、何かしらのアクションを起こさないと。
 
 
私がネットビジネスを始めた当時の状況は
 
①週6日で仕事していた(残業もメッチャ多くて家に帰るのは夜の23時とか。)
 
②元夫を日本に呼ぶためのビザの手続き関係も全て私が一人でやっていた
(時間を作っては入国管理局に行ったりポーランド大使館に行ったり)
 
③一旦実家にお世話になっていたものの、すぐに家を出る為アパート探しもしていた
 
④実家にお世話になっていたので母親のペースに合わせて家事をやる必要があった
(母はルールが多い人なので、彼女のペースに臨機応変に対応する事が一番大変だったかも。)
 
 
この環境の中で、ブログも継続してやっていく必要がありました。
 
しかも当時はまだブログ記事も沢山書かないといけない土台作りの時期だったから
 
⑤ブログ記事書き、リサーチ
 
も必要だったし、
 
⑥竹川さんとの個人コンサルの時間、コンサル仲間とのグループコンサルの時間
 
⑦友達と会ってストレス発散する時間
 
⑧ジムに行って体動かす時間
 
この3つも絶対に私には欠かせないモノだった。
 
⑦と⑧は削れってよさそうに見えるけど、この2つが欠けると自分はストレスが溜まる事も分かっていたので、精神衛生上絶対に欠かしてはいけない事でした。(特に友達との時間)
 
精神面でのバランスって仕事や作業の効率にも大きく影響するので。
 
 
で。。。これだけ「やるべき事」と「やりたい事」があったわけですが、結果的にすべてこなしました。
 
それは「自分にとっての優先順位」を毎日しっかりと意識した上で時間を使っていたからです。
 
勿論、時々優先順位がとっちらかって変な時間の使い方してしまったり、無駄な時間を使った事も沢山ありますし、ビザや家庭の事情で思わぬハプニングが起きたり、イレギュラーな事にも時間沢山取られました。
 
 
でも、優先順位をしっかりと意識して毎日の時間を過ごしているのと、全然意識しないで時間を過ごしてるのとでは1年後に物凄く大きな違いが出ると思っています。
 
優先順位の付け方についてはどの本も大体同じ様な事が書いてありますし、私のやってきた方法もそれらと対して変わらないのでここでは方法論については詳しくは書きません。
 
そうじゃなくて私はここでは「方法論を知っていても実践・継続しないと何も意味がない」という事を伝えたいんです。
 
 
 

やらない言い訳をしていないか、時々振り返る

 
新しい事をやるという事は、分からない事だらけで調べる事も多いし面倒臭いもの。
 
日々の仕事はストレス溜まるけど、でも慣れてるから新しい事をやるよりもついそっちをやってしまう。
 
そうなってくると大抵「新しい事をやらない言い訳」をし始めます。
 
 
でも「やらない言い訳」をして手を止めてる限り、やるべき作業はどんどん溜まっていくし、その分スタート地点に立つのが遅くなります。
 
当然、結果が出るのも遅くなってしまって、ダラダラ長引くとモチベーションも落ちていって・・・という悪循環に陥ります。
 
ネットビジネスで挫折していく人、ダラダラと続けてて成果出ない人によくあるパターンです。
 
で・・・やらない言い訳をし始めてるな、と気付いたら思い出して欲しいのが次にお話する事。
 
 

「アナタの夢」は何ですか?なぜ「ネットビジネスをやっているのか」を想い出して欲しい

 
これは私自身も何度か見失いかけてきた経験があるのですが
 
優先順位が散らかってしまった時、やらない言い訳をし始めてしまった時に
 
自分の「叶えたい夢」は何だったのか?
 
を想い出して欲しいです。
 
 
「自分が叶えたい夢、叶えたかった夢は何だったのか」を一度しっかりと思い出した上で次に
 
・ネットビジネスを何の為にやってるのか?
 
・それはネットビジネスじゃないと叶わない事なのか?
 
・それとも他にその夢を叶える手段はあるのか?
 
 
という事を「具体的に」書き出して自分で再認識する事。
 
 
よくあるのが「ネットビジネスで月10万行くのが自分の夢です」といった凄く抽象的な夢なんだけど
 
そうじゃなくて、もっと具体的に絞って書き出して欲しいんです。
 
 
・何で5万でも20万でもなくて「10万」なのか
 
・その10万に行く為にはどんな手段が必要なのか
⇒ネットビジネスのみで達成するならアドセンスなのか、アフィリエイトなのか、他の方法なのか
 
こういった事をより具体的に明確に絞って書き出してみて下さい。
 
ただ頭の中で何となく抽象的にホワーンと思い浮かべるのではなくて、しっかりと「文字にして」そのリストを「目で見て」自分自身に具体的に認識させてあげる事。
 
 
とはいえ自分1人で「優先順位」をしっかりと立てる事や、「優先順位が散らかってないか認識する事」は難しいものなので、「なんかあれもこれもになってるな」とか「時間を上手く使えてないな」と感じたら、サポート・コンサルしてくれてる人にすぐ相談した方がいいです。
 
 

人は好き勝手言うもの。自分の舵取りは自分でする事。

 
漫画家を目指して居た時、周囲から色々な言葉を聞きながら持ち込みを続けてきました。
 
そしてプロになったという結果を伝えてからも、また周囲から色々な言葉を聞きました。(プロになってからの方が手のひら返した言葉とかも聞けて、色々と学んだ。)
 
 
そもそも他人というのは好き勝手いうものです。
 
「あなたの事を思ってるから」「あなたが心配だから」という「一見親切に見える仮面」をつけた有難迷惑なおせっかいを焼いてくる人もいると思いますが、
 
人はね、ぶっちゃけ自分以外の事なんて興味ないんですよ。笑
 
その時の気分で、好き勝手言うものなんですよ。
 
 
だからね、自分の船の舵取りを他人に任せてはいけない。
 
自分の人生の舵取りは自分でやらないと。
 
誰かの言葉に引っ張られたり、近い人の言動ほど影響を受けるものですが、影響受けたり引っ張られる事はあっても最終的な決断・判断は「自分の責任と覚悟」でやる事。
 
そして自分の覚悟と責任で決断したのなら、もう過去を振り返るのはやめて前をみて歩く事。
 
 
これが出来ないと失敗した時に誰かのせいにしてしまうし、成功した時に周囲に感謝出来なくなってしまう。
 
 
自分の舵取りを自分で出来ない人というのは、自分でまずは考える事をせずに外に答えを求めたり、責任転嫁したり依存したりしやすいのですが、こうした人は絶対にネットビジネスでは成果出せないです。
 
 

この3か月間、大きな変化が周囲で起こっていました

 
色々と書いてきましたけど、この約3か月間、周囲で大きな変化がありました。
 
まあ・・・「3か月」「3年」というのは何事においても転機となったり、何かしら起こる周期なのかもしれません。
 
この3か月間で学んだ事や竹川さんと真剣に本音で話した中で気付いてきた事、これら自分自身のアウトプットも兼ねて今回は書きました。
 
だからいつも以上にストレートに気持ちを書いています。
 
 
私が竹川さんのコンサル生となってから、仲間やお客さんとの別れ・新たな人達との出会いを沢山繰り返してきました。
 
私達は「人:対:人」の交流軸だから人の動きはあって当然だし、それはもう仕方のない事だと分かっています。
 
 
でも、未来型の中でのこの3か月間は、今までにない程の大きな人の出入りが起こっていました。
 
何年も長く一緒にやってきたコンサル仲間達が去るのを見たり、その分新しい人達との出会いが続けて起ったり・・・正直言うと私自身が竹川さんの元から独立するか、という事も考えた時期でした。
 
私達は会社組織ではないですが、でも3年以上一緒にずっとビジネスをやってきてますから、当然考え方の相違やお互いに対する疑問、不満だって起こります。人間同士ですから。
 
信頼し合ってるはずなのに、信じ会いたいのに「お互いを信じきれてなかった」部分があったり、周囲の動き知らず知らずのうちに引っ張られていた部分があったり、ちょっとしたズレや誤解が積み重なってしまったり・・・お互いに自信喪失してる部分があったり・・・
 
 
この3か月の中、そういった周囲の目まぐるしい変化の影響もあって、私と竹川さんは本当の本当に心からの本音で何度か話をしました。
 
それはお互いに不満を言い合うとかそういう事ではなくて、お互いを信じて一緒に次のステージに行きたいからこそ、今まで気を使って言い合えなかった本音の深い部分とか、ズレが生じてるのかな?と感じていた部分をお互いに伝え合いました。
 
 
本音での話合いを何度もしたおかげで、私も竹川さんもお互いに一緒にやっていきたい気持ちに揺らぎがない事を再認識出来たし、自分が見失いかけていた一番大事な物事や存在、自分のミッションを再度強く決意する事が出来た。
 
この3か月間の未来型での人間関係の揺れ動きの中で、思って居た以上に自分も周囲の人達の言動に引っ張られていた事、自信を少し喪失していた事もあって危うく自分を見失いかけてた部分もあったんだけど、おかげで取り戻す事が出来た。
 
 
 
で。。。この3か月のドタバタな人間関係の動きを見て来て改めて感じた事。
 
これはネットビジネスに限らずに、どんな世界でもそれなりに成果出したいなら重要じゃないかな、と思った事を話そうと思います。
 
 
長くやってきた仲間や師匠の元から去る事とか、お世話になった会社を辞める時とか、「今いる場所から新しい場所」に行く時、私は絶対に「恩義」と「感謝」は忘れちゃいけないと思って居る。
 
何古臭い事言ってるの?何キレイ事言ってんの?って思う人もいるかもしれないけど、なんて言うかさ・・・
 
どんな形になってその相手との関係を辞めるにせよ、その組織や集団から去るにせよ、最低限の恩義と感謝は絶対に忘れちゃいけない、て思う。
 
だって一度は一緒に夢観た仲間でしょう?一度は信頼し合った相手でしょう?
 
 
私は今までコンサル仲間やお客さんが去るとなった時、無理に引き留めようと思った事はありません。
 
だって「それが本人が真剣な覚悟と責任で下した決断」なのであれば、どういう形であれ尊重すべきだと思うし、その選択をする事によってその人が今よりも幸せを感じられる(もしくは幸せを描ける)のであれば、それは嬉しいと思っています。
 
 
だから「人が離れた事」に対してネガティブな感情は持った事はないです。もちろん付き合いや信頼が深い人が去る時程「寂しいなあ」という感情は強くありますけど。
 
 
「去り際」っていうのはものすごく大事だと思っています。
 
 
去ると決めた瞬間、心の糸が切れるのも十分にわかるんだけどさ。。。
 
 
前もって決めていた予定を突然ドタキャンしたりとか、自分がサポートしてきたお客さんに対して真摯に向き合いきらずに去ってしまったりとか、急に悪口のオンパレードになって「自分が稼げないのは〇○のせいだ」と責任転嫁し出したり・・・
 
 
そういう言動を取ってしまうとさ、せっかくの今までの一緒に頑張ってきた期間とか、信頼とか、すべてブチ壊す事になっちゃうじゃん。。。
 
 
私は古臭いのかもしれないけど、今まで一度でもお世話になった人や信頼し合った人や場所に対しては、最後まで誠意を持って去ろうよって思う人間なので、こういった不義理な言動を味わったり聞いたりすると、何でそんな事が出来るんだろうって思う。
 
 
世の中は狭いからまた何かの縁で会う事だってあるかもしれないし、何よりも未来型を去った人達というのは、1年後、2年後にまた戻ってきたくなってる人が結構いる。(何でそれが分かるかっていうのはここでは書きませんが)
 
でも去り際に凄い不義理な去り方をしてしまったから、戻ってきたいと言いたくても言えなかったり、結局本人が撒いた種なんだけど、「あんな去り方しなきゃまた連絡する事も出来ただろうに・・・」て思ってきた事沢山あった。
 
 
先程、私も竹川さんから独立しようかと悩んだと書いたけど、私も竹川さんに本心の深い本音を伝えるまでは悩みまくって葛藤しまくった。
 
 
「ここまで本音を言ったら怒られるんじゃないか」とか「これを言ったら竹川さんを傷つけるんじゃないか」と怖い部分があったから。
 
 
だから自分の保身の為に不義理な道を選んで突然フェイドアウトしたり、という方法だってあったわけで。
 
 
でもくどいけど、私には「恩義」と「礼儀」を忘れたら人として終わりじゃないか、ていう自分の信念があるから、恩をあだで返す様な事はしたくなかったし、今までの恩や信頼関係を水の泡にするような事だけはしたくなかった。
 
 
だから「今日話をしたら別々の道を行く事になるかもしれない」位の覚悟で腹くくって、正直に本音で気持ちを話す方を選んだ。
 
もし結果的に別々の道を行く事になってたとしても「不義理」で行くのと、相手に誠意を持って真摯に向き合った上で行くのとでは全く違うと思うし、この時の自分の言動って一生自分の心の中に残ると思う。
 
 
ネットビジネスは入り口こそ「インターネットで繋がった仲」かもしれないけど、でもそこから積み重なった信頼関係は「リアルの人間関係」なワケで、人間関係に対して誠意を持てない人っていうのは、どんな仕事やビジネスをやっても成功しないと私は思っています。
 
 
 

本音でぶっちゃけ過ぎた気もするけど

 
ここまで書かない方がやっぱいいよな、とか、これはこの記事に必要ない事だよな、とか、今回の記事は色んな箇所を消しては書き直して、を繰り返しました。
 
自分のブログ記事をどれだけ多くの人が読んでいるか、どれだけ多くの人に影響与えるかは十分にわかってるから、書こうか迷った部分も沢山あります。
 
 
でもようやく私自身、1年以上前から頭に描いていた「女性自立支援」という新たなステップを実現出来るまでになった今、一旦自分の中で想いを吐き出さないとスッキリ前に進めないと感じたので色々と書きましたが、何か一つでもアナタにとって、今後ネットビジネスを継続していく上で参考になる方法や考え方があったら嬉しいです。
 
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓