ニート・引きこもり脱出したい&仕事出来ないと悩む20代に伝えたい事


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
今回はニートやひきこもりから脱出したいとか、仕事が出来なくてしんどいとか、会社辞めたいけどど親や上司が怖くてどうしたらいいか分からない、そんな内気で繊細な20代~32歳位までの「ゆとり世代(さとり世代)」と呼ばれる人達に伝えたい事が沢山あります。
 

 

「自分が悪い」と責める事だけはしないで欲しい

 
2018年以降、20代~32歳位までの「ゆとり世代」と呼ばれる世代のお客さんと深く関わる事が増えました。
 
現に今シノの年間コンサルを受けて下さってる方達の中ではこの世代の人達が8割です。
 
 
32歳位までの人達も含めて以降「20代の人」と総称しますが、シノが交流してきてる20代の人達はみんな内気、繊細で優しいが故に「自分を責めてしまう(もしくは過去に自分を責めまくってた」人達ばかりです。
 
 
明らかに会社のオッサン&お局上司がおかしいのに「自分が悪いのかもしれない」と自分を責めてしまったり、世代的に親御さんが「バブル経験してる」とか「24時間働いて当然」の時代を生きてきた為に、親御さんとの「働き方」に対する考え方が真逆だったり、今は本当に20代の人達にとって生きづらい世の中だと思う。
 
 
それでも「どうにかしなきゃ」と思って、昨年末に数年間の引きこもり生活を経て、思い切ってシノと竹川さんに会いに東京に来て下さった方
 
今年の年明け後に名古屋から新幹線で私と竹川さんに会いにきて下さり年間コンサルパートナーさんになってくださった方
 
そして昨年からずっとコンサルパートナーとして頑張ってくれてるこんきちさん、いちこさん、りのはさん、元ちゃん、あやさん、ペンギンメンバーの人達
 
 
みんな繊細で内気で優しくて、芯がしっかりしていて、シノの方が学ばせてもらってる事いっぱいあります。
 
 
 
この記事を読んでるアナタはまだシノと会った事もないかもしれないし、今もしかしたらニートだったり、引きこもりだったり、会社辞めようか迷っていたりと、辛くて大変な状況かもしれない。
 
「だから今の若い奴は」なんて心ない言葉を会社の上司から言われてるかもしれないし、親御さんからのプレッシャーも感じているかもしれない。
 
 
でも悪いのはアナタではないし、アナタが自分を責める必要なんてこれっぽっちもない、という事を伝えたい。
 
だから「自分を責める」という事だけはしないで欲しいし
 
誰が悪い、何が悪い、なんて所にフォーカスしていても物事は前に進まないから、「どうやったらこの環境を変えられるかな」という考えにフォーカスしてほしい。
 
 

もしネットビジネスに興味あるなら

 
どんな世界にも常に選択肢というのは幾らでもあります。
 
 
仕事においても同じで「仕事辞めた=人生終わり」なんじゃなくて、仕事辞めてからだって
 
・失業保険もらってしばらく休息する
・他の会社に転職する
・正社員じゃなくてアルバイトに変える
 
と他の働き方は幾らでもありますし
 
私が推奨してる様に「自分でご飯食べていけるスキルとマインドを身に着ける」という道もあります。
 
 
ただ自分でご飯食べていけるスキルとマインドを身に着けるのには時間がかかるし、すぐにお金を稼げるわけではないから「楽してすぐに稼ぎたい」という気持ちを捨てる事は必要だし
 
「楽してすぐに稼げる」を謳ってる教材やセミナ―、アフィリエイターの所に行ってボロボロになった人を沢山見てきてるので、そんな所にだけは行かない様にしっかりと見極めて欲しいなと思います。
 
 
もちろん、もしアナタがシノのサポートやコンサルに興味を持ってくれてるのなら「一生懸命頑素直に張る人」ならシノはどんな状況の人でも歓迎します。
 
ニートでも引きこもりでも大歓迎ですから「こんな自分が申し込んでいいんだろうか」とか思わないでほしいし、いきなりサポート申し込むのが怖かったらまずは気軽にメッセージ欲しいなと思います。
 
 
 

シノのお客さんは繊細で内気な「引きこもり体質」の人ばかりです

 
よく誤解されるのですが、シノが社交的キャラなので私の所に居て下さるお客さんも同じ属性だと思われがちなのですが、むしろ真逆です。
 
私は確かに社交的ですし、常に笑顔で笑ってる明るい人間ですが、ガンガン・ギラギラ系ではないしそういう人は超苦手です。
 
 
現にペンギンコンサルメンバーとして活躍して下さってる人達はみんな内気で繊細な人達です。
 
更に言うと、LGBTの悩みを抱えていたり、過去に性転換手術をされてたりと、性別の垣根さえも超えて来てる人達ですし、私も「LGBTの悩み抱える人達が生きやすくなるお手伝いしたい」という新たなミッションが彼女達のおかげで出来たので(これについては別記事で改めて書きます)
 
引きこもりもニートも、LGBTも、どんな環境や人生背負った方でも大歓迎ですし、むしろ「生きづらさを抱えた優しい人」ともっと出会って独立のお手伝い出来たら嬉しいと思っています。
 
 
 

私は「外交型hsp」だという新たな定義を知った

 
私はあまり自分を「言葉で定義づけする」という事はしないのですが、コンサルパートナーさんから「自分は内向型hspです」という事を言われた事がきっかけで「hsp」という言葉に興味を持ち色々と調べました。
 
 
もしかしたらこの「hsp」という感覚を私が持ってる人間だから、内気なコンサルパートナーさん達と「一見性格的には真逆に見えても共鳴し合えるものがある」のかな、と思ったので今回「hsp」という言葉についても記してみます。
 
これを伝える事で20代の内気な人にとって、シノの存在が「遠い雲の上」じゃなくて「実はすごく身近な存在」として感じてもらえると嬉しいな~と思います。
 
 
コンサルパートナーさんが見せて下さったのが、スーザン・ケインという方が書いた「内向型人間の時代」(原題:「Quiet -The power of introvert in a world that can’t stop talking」)という本なのですが↓

 
 
「hsp」をシンプルに一言で表現すると「人一倍敏感な人」という意味。(英語では「Highly Sensitive Person」の略。」
 
アメリカの心理学者エレイン・N・アーロンという人が唱えた概念で、5人に1人が当てはまるそうで「人の気持ちや感覚に敏感で些細な事にもすぐ気づき、気遣いに非常に長けている」その反面で「気づき過ぎてしまうが故に生きる事に疲れやすい」のだそうです。
 
 
「hsp」で検索をすると多くのサイトが「内向型hsp=hsp」の様に書いてる為(hspの中の70%が内向型らしいので仕方ないのかもしれません)、内向型hspと外向型hspが混同されやすいのですが、内向型と外向型は共に「人一倍敏感」という根本は共通しているものの表向きに見える性格は正反対です。
 
 
内向型hspの人の特徴
・雑談が苦手
・大人数の中に居るとすぐに疲れてしまう
・他人の怒りに敏感で怒鳴り声を聞くと恐縮してしまう
・短時間に多くの事を抱えると混乱してしまう
・忙しい日々が続くと暗い部屋や一人の空間に逃げたくなる
 
などがありますが、外向型hspは全然上記に当てはまりません。
 
むしろ話すの好きで得意ですし、大人数と居るのが楽しくて大好きです。
 
忙しい中で複数のタスクをこなすのも得意です。
 
 
ただ、「人一倍敏感」なので「大人数で居ても空気が読めすぎてしまう故にメッチャ気を使う」という事は生きてきた中でずっとしてきました。
 
今はもうそれに慣れてますし疲れを感じたりとかは一切なく、これがむしろ私の自然体なのですが。
 
10代の頃からずっと周囲に「シノって後頭部にも目が付いてるみたいによく気がつくよね」とか「コミュニケーション能力がめっちゃ高い」と言われてきましたが、これは私が外向型hspだったからなのかな~って思います。
 
 
 
私は「神経図太い人」とか「オレ、オレ!私、私!」な我が強い人ってホント苦手で、「その発言をする事で相手がどんな気持ちになるか?も想像せずに容易に感情で言葉を発する」想像力のない&無神経な人がホント嫌い。
 
ネガティブ感情オーラを体中から発しまくる人とか「自分可愛そう病」とか「妬み病」になってる人とかも一定の距離を絶対に保ちます。
 
でないとオーラを浴び過ぎてこっちの体力や精神力が奪われてしまうので。
 
 
ネットビジネスやってきて「シノさんは才能あっていいですよね」なんて妬みや嫉妬の視線は沢山浴びて来たし、ハッキリ面と向かって言われなくても会った時の表情やオーラ、発した一言の「音」等で即感じ取ります。
 
ただそれを笑顔とコミュニケーションで隠す能力は持ってるから、その場は相手に何も気付かれずにやり過ごして、徐々に距離とってフェイドアウト・・・という流れをとるのですが時々それも疲れるわけでして。。。
 
 
 
今そばで頑張ってくれてるコンサルパートナーさん達って上記に当てはまる人が居ないから本当に一緒に居て心地いい。
 
私のコンサルパートナーさん達は多分みんな「内向型hsp」の人達なので、私達は表面的なキャラや「内向型」「外向型」という属性こそ違えど「人一倍敏感」という部分で共鳴し合ってるのかなと思いました。
 
 
竹川さんは勿論、一緒に過ごす時間の多いペンギンコンサルパートナーのこんきちさん、りのはさん、いちこさんにはシノは絶大な信頼を寄せてるので、私のこうした部分も見せてますし、知った上で受け入れてくれていますし、彼女達と居るととても心地良くて安心します。
 
崖を登り続けてる私にとってのホッと一息つけるオアシスの様な人達です。
 
 
こんきちさんも、りのはさんも、いちこさんも、みんな内気で繊細で優しすぎるが故に気を使いすぎて疲れてしまう人達で、彼女達と交流して来てるからこそ私は「内気で繊細で引きこもりな20代の人達がブラック企業に勤めずに独立していける様に助けたい」という想いが日々強くなっていってます。
 
 
そしてシノにhspという概念を教えてくれて、年明けからペンギンコンサルパートナーに加わって下さったともさんや
 
親権巡って離婚裁判を続けながらも頑張って下さってるもとちゃん
 
正社員でフルタイムで働きながらママ業もこなしてブログも頑張って下さってるあやさん
 
 
温かくて頼もしいペンギンメンバーの人達が居てくれるからシノは頑張っていけますし、この人達が独立出来る様に本当に全力でこれからも頑張っていきたい。
 
 
何だかまとまりのない記事になってしまいましたが、シノが言いたいのはですね
 
引きこもりだろうとニートだろうと自分を責める必要は一切ないし
 
内気で繊細な優しいアナタだからこそシノは好きですし
 
ニートでも引きこもりでも会社辞めても、20代なら道は幾らでもあるから焦らずに行こう。ということ。
 
 
どうか自分を責めずに、焦らずに、無理ないペースで一歩ずつ歩いていって欲しいと思います。
 
そしてもしシノのサポートやコンサルに興味あるけど「シノと自分とは世界が全然違うから委縮する」と感じてしまってるのなら、「シノもアナタと同じ超繊細な人間」ですし、アナタがネットビジネスで独立する為に泥臭くコツコツ頑張ってくれるのなら、シノはアナタが来てくれるの大歓迎です。
 
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓