自分の闇と深く向き合う「自分棚卸し」をやると、今感じてる壁やブロックを壊せる


出典:「https://pixabay.com/」
 
シノです。
 
ブログでも動画でもネットビジネスで必ず成果を出す為の大きな過程として、私が必ずお客さんにやって頂く作業があります。
 
「自分棚卸し」というもので、これは1度きりではなくて定期的にやって頂く様にしているのですが
 
私自身が、再び大きな「自分棚卸し」をする必要が出て来たので、自分自身の備忘録も兼ねて「なぜ自分棚卸し」が重要なのか、それをする事によってどう変化が起こせるのか、そして私自身の自分棚卸し実践も記録として今後何記事かに分けて記していこうと思います。
 
自分の棚卸も兼ねた備忘録なので口調がタメ口になったり、まとまりのない抽象的な言い回しや屁理屈も出てくると思いますが、興味のある方は「自分棚卸し」の参考にして頂けたら幸いです。
 

 

「自分棚卸し」をやる意味とは?自分を成長させる為に必要不可欠なもの

 
「自分棚卸し」というのは自己啓発の一種だと私は考えています。
 
但し、よくある自己啓発とは真逆です。
 
 
よくある自己啓発というのは、「臭いものに蓋をする」とか「先生の言う通りの価値観を当てはめる」という感じで、自己というより「他己啓発」に近い。
(※あくまで私個人の意見ですよ)
 
過去に色んな著名人の自己啓発本を読んだり、ワークやセミナーに参加してきましたが
 
セミナーやワークショップに参加した当日、本を読んだその瞬間は高揚感で「すんごい啓発をした」感があるんだけど、日が経つとその感覚はすっかり忘れる。
 
それって自分にとって「しっくり」来てないからで、しっくり来てないと言う事は腑に落ちてないという事。これだと今後に生かせないし自分の成長にも繋がらないので何も意味がない。
 
 
でもネットビジネスを始めて、この4年間で「自分棚卸し」という作業を定期的にする様になってから、凄く腑に落ちる様になって沢山の変化が起きた。
 
私が実践してる「自分棚卸し」がよくある自己啓発と何が真逆かというと
 
・臭いものに蓋をせず、むしろ自分の弱さ、カッコ悪さ、汚さ、闇、ネガティブな面とじっくり深く向き合う
 
・向き合うのはあくまで「自分自身」なので、先生とか他人の価値観や意見は一切関係ない
 
「自分棚卸し」は「自己開示」と「自己肯定」に良い意味で大きな影響を与えていく。
 
 
「自己開示」が出来れば出来る様になる程、ブログや動画でも「カッコ悪さや弱さ」を出せるからファンが増えていくし
 
自分の汚い所、カッコ悪い所を受け止められるようになると「自己肯定感」も高くなっていくので、ネガティブ含めたありのままの自分が好きになれて、生きるのが楽になる。
 
 
逆にこの「自分棚卸し」が出来てないと、
 
プライドやカッコつけでブロックがかかった「ニセ自己開示」しか出来ないので、ブログでも動画でも共感されずファンは出来ないし
 
自分のネガティブな部分を拒絶する状態が続くので「自己肯定感」が低くて、自分が嫌いで生きて行くのが苦しくなる。
 
 
だから「自分棚卸し」は凄く大事な作業。
 
ネットビジネスで収益化に繋げていくという面で見ても、お金抜きに日々の生活の幸福度を高めるという面で見ても、どちらの面でみても避けては通れない作業。
 
 
但し、自分の闇や弱さと向き合うという事は、深く向き合えば向き合う程、心への負担も大きくなっていきます。
 
だから私はお客さんに対してはその時のその人のマインドのステージに合わせて、本人の心を壊さない、負担にならない範囲で一緒にやっていく様にしています。
 
 
私が自分自身の棚卸をする際は、今は自分がどれくらい深く闇と向き合うと心にどれだけの負担が来るか、とかの加減は俯瞰して見れる様になってるので、もう一人の冷静な自分に俯瞰してもらいながら行っています。
 
 
何年か前、まだ自分を冷静に俯瞰したり自分の感情をコントロール出来なかった時、「自分棚卸し」をして自分の闇に深く入り過ぎて、飲みこまれそうになってヤバくなりかけた時がありました。
 
その時どうしたかというと、即座に師匠の竹川さんと親友に電話してありのままを話して、心を救ってもらいました。
 
日々の生活の中で、自分が闇落ちしかけた時、「本心から弱さを見せて頼れる存在」を作っておく、というのも大事だと思います。
 
 
ちなみに、「自分棚卸し」をしても全然心にダメージが来なかったとか、別に感情の揺さぶりがなかった、という場合。
 
その場合はそれは「自分棚卸し」がきちんと出来てないという事です。
 
自分と向き合ってるつもりでも、そこにはまだプライドやブロックというガードがかかっていると、自分の本当の汚さとかカッコ悪さは出て来ないです。
 
だからまずはそのプライドやブロックを壊す所から始めないと、棚卸しが始まりません。
 
自分の闇、弱さ、カッコ悪さと深く向き合うというのは、ホントーにキツイ作業ですし、感情の揺さぶりなしでクリア出来る程「ネガティブな自分」は取り扱いが楽な相手ではありません。
 
 
あ、ちなみに私の言ってる「自分棚卸し」は、幼少期含めた過去・今・未来の3つの時間軸で自分と向き合う事ですが、重要なのは「過去」と「今」です。
 
「未来」はどうしても「キラキラした抽象的なもの」になりがちなので、あくまで大事なのは「過去」と「今」。
 
 

棚卸しすればする程、具体的に見えてきた矛盾した多重人格の自分

 
どんな人でもポジティブな面・ネガティブな面はあるし、闇や光、矛盾した相反する別人格の自分が居たりすると思います。
 
プライドや承認欲求からカッコつける事もあれば、その反面心の中では恐怖を感じてたり弱くなったり、という事もあると思います。
 
 
2020年下半期、私が向き合うべきミッションは「自分のお金のブロックを外す」事なのですが、その為にはまず「自分の中に存在する相反する多重人格な自分全員をどう調和させていくか」が鍵だという所まで辿り着きました。
 
 
・・・よく分からない抽象的で怪しい話になってきたと感じてます?笑
 
繰り返すけど、今回あくまで自分の備忘録をメインに書いてるのと、
 
ここからは更に超自分主体の備忘録になっていくので、興味ない人はスルーして下さい。笑
 
 
自分棚卸しをやり続けて、自分の内面と向き合い続けてきて約4年。
 
何度も師匠の竹川さんに自分棚卸しを手伝ってもらったり、親友達と深い対話をしてきて色んな気づきを貰ったり、お客さん達との交流の中で頂いた言葉を参考にして
 
やっと自分という人間の性分、性質、ベースにある人間性、矛盾してるもの、等が見えてきた。
 
まだまだこれから出てくる部分、変わっていく部分もあると思うけど、とりあえずは今時点で。
 

私の性分、気質、相反する人格達の備忘録

 
ベースにあるのは「友情・努力・勝利」なので、ガチで脳内リアル少年漫画人間。
 
エネルギーが他の人より相当強いらしい。初対面の人には8割これを言われる。
(エネルギー強いですね、とか生命力に溢れてますね、とか。)
 
光も闇もどちらもエネルギー強いが、「目には目を」のサイコパスな気質もあるので、自分や自分の大切な人が傷つけられると闇オーラ全開のサイコパスが顔を出す。
 
でもその一方で博愛主義で平和を好む人格もある。
 
基本人と居る時はこちらの人格が表に出やすい。だから誰と会っても基本ずっと笑顔で笑って居る。
 
というより人と居る時はこちらの人格を出すように意識的にしてるのだと思う。
八方美人と言われようが、人とはぶつからない方がいいに決まってる。という考えが常にある。
 
 
繊細で気にしい、人の動向や感情の揺れ動きに即座に気付いてしまう(気づきたくなくても察知してしまう)、気を遣い過ぎてお腹痛くなるチキン。
 
チキンな自分とは裏腹に、偉そうに人を見下す嫌味な自分も存在する。
この人格がメインに出てる時は強気で意見をハッキリと言う、笑顔でごまかさない。
 
でもチキンな人格に交代すると、笑顔でごまかして本音を隠してでも場を平和にしようとする。
 
 
24時間365日常に同時進行で3つ以上の事を同時に考えてるので頭の回転が早い。
仕事でもプライベートでも突然何かネタ振られたり意見を求められても即座に対応出来る(頭が真っ白になる、という経験がないのでこの感覚がわからない)
 
何でもそつなくこなす反面、そんな自分に対するプライドが高いので、稀に仕事で失敗したり人よりスピードが遅いとプライドがメッチャ傷つく。
 
負けず嫌いなので常に誰にも負けたくないので、いつも裏でかなりの努力と勉強をする。
でもプライドが高いので努力してる面を見せないし、故に何でもそつなくこなしてる様に見られる。
 
そのくせ誰かから「才能あっていいですね」とか言われると、「才能じゃない!努力してるんだ!」と心の中で怒り心頭するという矛盾。(多分相手の言い方による)
 
 
好奇心旺盛なので誰の話も興味深々で聞くが、たまに興味の糸がプチっと切れる瞬間があり、その時は相手の話を殆ど聞いてない。
 
でも相槌が上手い&笑顔で「ノリ」を作れるので、相手がそれに気づく事は殆どない。(相手が余程繊細でよく気づく人ならバレる)
 
そんな自分に罪悪感を抱いた事もあったけど、今はこれが私なりに世間を渡る為に身に着けた処世術。と開き直ってる。
 
 
気にしい、気を遣ったエピソードを人に話すと「そんな事気にしてたの?!」「そんな事まで考えてるの?!」と良く笑われる。
 
超ストイックで自分を追いこむ時の集中力は凄まじいけど、糸が切れると超サボる。
 
ただしサボると言っても家でボーっとしたり、テレビをずっと見たりが出来ないので、気持ち面はサボりながら手は何かしら動かしている。
 
 
何事もバランスを取りたい、合理的、効率的にやりたいと思いつつ、完璧主義な面が顔を出すとバランスが崩れて暴走する。そして非効率、非合理的な状況になると罪悪感を感じ、心がザワついて落ち着かない。
 
 
「目の前にある小さな幸せ」が感じられる人が素敵だなと思うが、自分はそうはなれない性分だと大分前にようやく気付いた。
(気づくまでは同じになろうと必死に無理してた事もあった)
 
貪欲で欲張りなので、何でも欲しいものを手に入れないと気が済まない。
 
但し他人軸でそれらを手に入れるのは嫌なので、全部自分1人でどうにかしようと考えまくり、行動しまくる。
 
度を超えた行動力もこの性分から来てるのが大きい。だからジッと一か所に留まってる事が人生でない。多分これからもずっとない。
 
人に頼れない性分だけど、新しい家族が出来た今は「人に頼る」という成長も大事だと気付いたので、ここは成長させていきたい。
 
 
恩義・礼儀に重きを置くので、礼儀知らずに出会うと「ウッ」と引く。
 
情が深くて喜怒哀楽の感情が強い。人間臭いと言われる。
 
感情移入し過ぎる事が多々あり涙腺崩壊の度を超えてるので、映画ではすぐ泣く。「思い出し笑い」もするけど、「思い出し泣き」も良くする。
 
人と感情共有したいという想いが強いので、映画館は空いてるより混んでる方が好き。
 
名作を観て劇場中が泣いたり笑ったりしてると、この上ない幸せと一体感を感じる。
 
人が感動してる姿を見てももらい泣きするので、ディズニーとかでパレード見て興奮してる人達を見て感動して泣きそうになる。
 
 
ギャンブル的な性分があるので(ギャンブルには絶対手は出さないけど)、「先の事ばかり考えず挑戦してしまえ!行動してしまえ!」という自分が居る反面、超堅実で現実主義でな自分が顔を出すと、ウダウダと行動しない言い訳を作って足踏みする。
 
大体何か新しい事にチャレンジする際は、まずはウダウダな言い訳自分が顔を出すので暫く足踏みする期間がある。
 
でも一度決断すると行動力が凄まじいので、ガンガン突き進んで結果に辿り着くまでのスピードが早い。
 
 
と、これがざっくりと今自分の中に居る多数の人格達。
 
この多重人格達の役割や性分をこれから明確に書き出して、1人1人の人格を把握した上で、後述する「お金」との向き合いもやっていきます。
 
 

人生で向き合う必要のある3つの要素:その中で私が今向き合うべき1つ

 
私が人生で大きく向き合っていく3つの要素(=自分の幸福度を左右するもの)と考えてるものが
 
・「人間関係=パートナーシップ」(結婚、夫婦関係、家族)
 
・「お金(仕事の結果がお金でもあるので、仕事もココに含む)」
 
・「健康」
 
この3つ。
 
 
2020年下半期に向けて私が最も向き合うべきは、この中の1つである「お金」です。
 
「パートナーシップ」はこの数年で最も時間とエネルギーを割いて向き合ってきた要素ですが、2020年の上半期でようやく幸せなパートナーシップを得る事が出来たので良しとします。
(勿論結婚生活もこれから色々とあると思いますが、それは都度向き合います。)
 
もう一つの「健康」。
 
これは今の所幸い、私は健康に生活出来てるので、2020年後半も今まで通り食生活や運動に気を付けていきます。
 
 
2020年の上半期でパートナーシップというミッションで大きな変化を遂げる事が出来て、次に見えてきたミッションは「お金」という事に気づきました。
 
 
※ちなみに・・・2019年の冬、「パートナーシップ」メインの自分棚卸しを2か月間かけてやりました。
 
世間がクリスマスムードで盛り上がる中、中々キツイ棚卸しでした。
 
でもそれをやったおかげで「自分は再婚したい」という事に気づく事が出来て、どんな相手を求めてるかも明確になって、その結果当時繋がっていた外国人男性&日本人男性全員と縁を切り、結婚相談所に入会して今の旦那さんに出会う事が出来ました。
 
 
 
話を戻しますが、「お金」はどういうミッションかというと「お金のブロックを外す」というミッション。
 
どんなブロックかをザックリ言うと、挑戦したい人格の自分は「自分は次のステージに行きたい」と思ってるのに、完璧主義・正義感強い人格の自分がそれにブロックをかけて行動を止めてる事に気づきました。
 
その大元はどこから来てるんだろうって最近ずっと考えて掘り下げていったら、私には過去の経験から「お金に対する恐怖心・嫌悪感」というブロックがある事に気づきました。
 
 
「自分なら次のステージに行ける!」と思ってガシガシ行動したいのに、「自分はもうココ止まりなんじゃないか」とか「安全地帯にいた方が楽だよ~」という新しい挑戦への恐怖心がまた出てきていて
 
その恐怖心は一見関係ないと思っていた「お金に対する恐怖心・嫌悪感」に繋がっているという事が見えてきたので、「お金のブロックと恐怖心」とじっくり向き合ってみます。
 
 
そしてこのミッションと向き合う上で大事になってくるのが、前述した「自分の中に居る沢山の相反する人格達」。
 
当然各人格でお金に対する考え方や価値観も違ってきますから、これら全人格達のお金に対する価値観を把握した上で、お金と向き合う事になります。
 
 
今回私が向き合うのは「お金」というミッションですが、他の事と向きあう場合でも「自分の中に居る本当の自分、性分、気質、ネガティブな部分」をしっかりと把握した上でで向き合うと「自分棚卸し」は効果を発揮します。
 
 
なので、もし今何か向き合うべき事がある、乗り越えたい事がある、という人は、まずはポジティブな面の自分ではなくて「弱くて脆くてカッコ悪いネガティブな自分」の人格を棚卸ししてから、本題に入って行くと効率的に問題解決の糸口が見えてきます。
 
 
この棚卸しを実践した上での気づきや変化については、また別の機会に記事でお伝えしようと思います。
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
「初心者でも大好きな趣味ブログで稼げる様になる道のり」については↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して趣味ブログで1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓