ネットビジネスは家族の理解は必要ない!仲間の存在が成功の秘訣


出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
インターネットビジネスをやっていて家族から理解されないという人は結構居ると思います。
 
結論から言うとシノはインターネットビジネスで成功するのに無理に家族に理解してもらう必要はないと思っています。
 
その代わりに仲間!!!仲間の存在こそが成功の秘訣なんです!!
 

 

家族は最大の応援者にもなるし最凶のドリームキラーにもなる

 
「自分はインターネットビジネスをやっているんだ!」と胸を張って家族・友人みんなに言える人って多分いないですよね。
 
アフィリエイトという言葉の知名度自体はあがってきたとはいえ、ネットビジネスのイメージって日本ではまだあまり良くないですし(まあ良くなくしてしまう人達がいるから余計なのですが)
 
普通に会社勤めしている人なら特に「はあ?ビジネス?」ってなる人もいると思います。
 
実際に旦那さんや奥様に秘密でやっているという人、実家暮らしで両親には話してないという人、結構います。
 
 
私はインターネットビジネスを始めたのはイギリス生活をしている時でしたが、幸いにも夫は自由に放っておいてくれる人だったので何も言われませんでした。
 
勿論、教材やら必要なモノは全部自分のお金で買ってましたので、夫は私が実は超ノウハウコレクターに陥って居た事なんて知りもしないですが。。。
 
 
 
これもし私が実家で同じ事をやっていたら、間違いなく私の場合は母親と妹との関係を壊すほどの事態になっていたと思います。
 
母親はそもそも私が少年漫画家を目指して居た頃にすでにドリームキラーでしたし、妹の場合は「ネットビジネス=超怪しい」というイメージしかないですから、もう何を言われていたか恐ろしいったらないです。。。
 
とはいえ日本に戻ってきてからは既に私はネットビジネスで自立出来る状況だったので、母親は「なんかよくわからなけど、アンタすごいわね」とむしろ感心する始末。
 
妹に至っては相変わらず私があまりよろしくない事をやってお金儲けしてるぽいと思われてるので(笑)、妹の前では絶対に仕事の話はNGですが。。。
 
 
家族って距離が近い分、応援者となれば物すごい心強い味方になってくれますが、ドリームキラーとなった時の威力は凄まじいんですよね。
 
だからもし実家暮らしで同居してる家族にドリームキラーが居るのなら頑張って自立して距離を開けた方が良いと思います。
 
問題は奥さんや旦那様といった距離をあけられないパートナーがドリームキラーになる場合なのですが。。。
 
でもこれはもう理解してもらえなかったら仕方ないと思うんですよ。
 
きちんと自分のこなすべき役割はこなしながら、無理に理解を求めないで自分だけでやっていくしかないのかなと思います。
 
 
私もさすがに今は「会社勤めしないでどうやって自立して暮らしてるの?」と質問攻めに合うのも面倒くさいので、「インターネットでビジネスやってる」と周囲の友人達には話してますが、全然成果出せなかった時は周囲には言ってませんでしたし。
 
 
自分含めて人ってやっぱり「結果」で見るものだと思うんですよね。
 
私は漫画家時代でこういうのすでに味わってきたのですが、持ち込みを続けて居た頃は「プロになるのなんて超大変だよ」とか周囲から好き勝手言われたものです。
 
本気で応援してくれてきた親友達の中にはそういう事言う人いませんでしたが、そこまで仲良くない先輩とか地元の同級生とかからは本当に色々と言われました。
 
でもいざ賞をとってプロになった途端に手のひら返して「アンタはプロになれると思ってたよー!」とか言っちゃうわけですから。
 
 
インターネットビジネスだって「私ネットビジネスで成功する!」と言って全然稼げていないのと、少しでも稼げているのと、自立出来る位に稼げているのとでは周囲の反応違って当然かなあとも思うんですよ。
 
私自信、自分がメッチャ苦労して漫画家もネットビジネスも成果出してきた経験あるから、自分も「結果」で見る部分は正直あります。
 
 
私の夫はドリームキラーにこそならないでくれましたが、でも私が全然成果出してなかった頃はむしろ私がやってる事に興味ゼロでしたが(それでも放っておいてくれたのは感謝ですが)私がネットビジネスでご飯食べれるようになってからはネットビジネスの話ばんばん聞いてきますし、自分も私に感化されてyoutubeとかやってます。
 
でも私の場合は夫だからタダで教えるとか一切しませんし、あくまで私のお客さんは私のサポート受けて下さってる方なので、夫にはやりたかったら自分で調べて頑張ってくれとだけ伝えてありますが。。。
 
 
 
だから家族がドリームキラーになった場合、無理に理解を求めようとする必要はないと思うんです。
 
成果出したら人というのは案外、態度や理解度が変わるものですし、だったら早く成果だしてアッ!と言わせてやる!という方向に気持ちをフォーカスした方が余程余計な神経すり減らさなくてすみます。
 
 
 

家族の理解なくてもいいから仲間は見つけてほしい

 
家族の理解は無理に得る必要ないと思いますが・・・”仲間”はぜーーーったいにいた方がいいです。
 
むしろ私は家族の理解がどんなに得られようと仲間がいなかったらネットビジネス続かないんじゃないかな、ネットビジネスで最も必要なのは”家族の理解<仲間”じゃないかなとすら思います。
 
 
インターネットビジネスを3か月以上続けたことがある人なら「ネットビジネスがいかに孤独な世界か」を絶対に味わっていると思います。
 
シノもネットビジネス始めて成果出なかった最初の1年近くは、一人孤独に毎日作業をしていましたが、これは本っ当にキツかった。。。
 
ブログを量産している事より、お客さん来ないことより、報酬出ない事よりも、「悩みを相談・共有できる人がいない」という事と「好きでもないテーマでブログ記事書いてる」というこの2つが最も辛かったです。
 
 
私は竹川師匠とコンサル仲間が居てくれてるからこそ、竹川ファミリーが居てくれてるからこそ成果出せるようになりましたし、ネットビジネスの世界でご飯食べていく覚悟も決められました。
 
いくら成果出せていても今も一人だったら(まあ一人だったら成果出てないと思いますが)、孤独感に耐えられなくて会社勤めに戻っていた様な気がします。
 
 
家族が理解してくれなかろうと、大変な想いを共有・相談出来る仲間が居てくれたら続けていけるとシノは思います。
 
 

個性豊かな仲間達との交流は面白い

 
シノのコンサル仲間(竹川師匠のコンサル生)は今20名位いらっしゃいますが、実際に都内近郊在住でしょっちゅうお会いしている人達は7~8名です。
 
この方達がもう個性バラバラで毎回色んなお話していて楽しいし、みんなメッチャいい人達!
 
くっだらない話ばっかするシノの相手を毎回してくれるメッチャいい人達です。
 
ネットビジネスを本業にしてる人もいれば、本業は別にある人もいるので、職業や年齢はみんな違うけど、向いてる方向が同じなので心地良いんです。
 
しかもそれぞれ違う強みがあって最近は一緒にコラボ企画したり、合同コンサルしてもお互いに意見交換しあったりしてます。
 
 
ちょうどつい最近、シノはコンサル仲間にお世話になったので、こちらでちょっとシノのコンサル仲間を紹介しちゃいます。
 
 
 
超格安でパソコンを作ってくれた万次郎さん
 
ジャンクパソコンを組み立ててしまうパソコンのプロフェッショナルの万次郎さんは、シノにとって一緒にバカ笑いしてくれる兄さんの様な存在の人。
 
シノはサポートのお客さんとのやりとりが増えてきたため、移動時間も常にメールチェックを欠かさずにやっている日々なのですが、元々持って居るノートパソコンは東芝のダイナブックで20万位したので流石に持ち歩きするのはメッチャ怖い。
 
どうしても必要な時は大きなプチプチに来るんで専用のバッグに入れて持ちこむのですが、一度それをコンサル仲間に目撃されて笑われたという。。。
 
基本はタブレットでメールの返事を打っているのですが、タブレットでメールの返事打つってもはや苦行ですよ。
 
 
そんなシノのお悩みを万次郎兄さんが見事に解決してくれちゃったんです。
 
 
ジャジャーーーン。
 

 

 
 
このパソコン、万次郎さんがシノの為に超激安で作ってくれたジャンクパソコンです。
 
ジャンクとはいえ、速度早くてサクサク動くし、軽いし、バッテリーも結構もつので充電器なしでカフェとかでも作業出来るうえに頑丈なので、今やシノのお出かけ時にはいつも一緒。
 
もう気使ってプチプチでくるまなくていいし、タブレットでメール打つ苦行ともサヨナラです。
 
 
万次郎パソコンのおかげでシノは移動中や待ち合わせの待ち時間にもメールチェックが出来るので、メッチャ時間を効率よく使えるようになりました。
 
 
万次郎さんのジャンクパソコンブログはコチラ↓↓
「ジャンクでJUMP!」
 
 
 
超絶不器用なシノでさえ作れたアイシングクッキー
 
シノはよく「そんな不器用なのに何で漫画家になれたの?」と聞かれる程に、超絶不器用人間です。
 
学生時代にCDショップでアルバイトしていた時にはバイトリーダーだったくせにバイトの誰よりもラッピングが下手で、ラッピングの時は毎回他の人に変わってもらっていたダメリーダー。
 
小学校・中学校とリアルに家庭科は「2」で(1じゃなかったのは何故だろう。。。)ミシンに糸をかけてセットする事すら未だに上手く出来ません。
 
そんな超絶不器用シノが、先日アイシングクッキー教室に参加してきました。
 
 
こちらの教室を開催しているのがシノのコンサル仲間で料理研究家のaccoさん。
 
シノは落ちこぼれ生徒になって迷惑かける問題児になる事必須だったので、もうクッキー教室行く前にあらかじめ土下座しておこうかと思ってましたが、acco先生はとても優しい方で「初めてでも全然大丈夫だから」とシノの土下座を阻止してくれました。
 
 
ああーでも絶対に迷惑かけるわ~とガクブルしながら当日アイシングクッキー教室に参加。
 
なんとacco先生、初めての人でも不器用な人でも大丈夫な様にと、毎回お手製のクッキーやアイシングなど全て一式用意して下さっているのです。
 
だからシノみたいな超絶不器用な人でも、気軽にクッキーにイラストや文字を描いて楽しめちゃいました。
 
 
今回のテーマは「母の日」という事で、acco先生が用意してくれたカワイイうさぎさんクッキーにみんなそれぞれイラストを描きました。
 
acco先生が作ったお手本。さすが綺麗だしカワイイ!
 

 
 
シノが書いたイラスト達。
ウサギが居ないというこの天邪鬼ぶり。先生すいません。。。
 

 
ドラ〇もん、ピ〇チュー、あと逆さまにしてタコ。。。
 
なんかクッキーみたら漫画のキャラクター描きたくなっちゃいました。。。
 
 
あっという間に教室の時間は過ぎて、最後はacco先生お手製のスイーツを頂きました。これがメッチャ美味しかった!
 
 
また是非参加させて頂いきます!
 
当日のアイシングクッキー教室の様子はこんな感じです↓↓
(accoさんのブログです)

【満員御礼】母の日アイシングクッキー教室を開催!感謝の気持ちを描いてみよう


 
 
インターネットビジネスをやってなかったら絶対に出会えなかった竹川ファミリー。
 
シノが竹川さんとそもそも出会ったのは偶然やタイミングが重なってなのですが、でもそれはシノ自身が思い機って行動を起こしたから。
 
コンサル仲間達もみんなおんなじ。
 
不安になりながらもコツコツ続けて行動を起こした人達が集まって今の竹川ファミリーがあります。
 
 
シノは別に妹に「怪しい事やってる」と思われていても全然構いません。
 
家族にしても、友人にしても、無理に理解を得る必要はないと思うんです。
 
そこに時間を割く位なら、ありのままの自分を受け入れてくれて共有しあえる仲間を見つける為の行動を起こしてほしいなと思います。
 
 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓


 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
シノの師匠で未来型を作った竹川さん&シノが師匠に出会うきっかけを作ってくれた恩人の北っちさんの「ネットビジネスで稼ぐために大切な事」特別対談はコチラ↓↓