アフィリエイトとアドセンス稼げるのはどっち?私の体験から比較

20150123-02
 
 
アフィリエイトとアドセンスで稼げるのはどっちでしょうか?
私の体験談から比較してみようと思うのですが・・・私の結論としては、やり方やテーマによりけりです。
 
アフィリエイトで報酬高いジャンルを選ぶのなら、1件の報酬が高いのでアドセンスよりも稼げると思います。
アフィリエイトでそもそも商品があまりないジャンル、報酬が低いジャンルを選ぶのならばPV数さえ集まればアドセンスのが稼げる可能性があります。
 
また、私のようにアフィリエイトとアドセンスを併用して稼いでいくという方法もあります。
 

 
で、これは私が稼げなかった10か月間稼げなかった時期を経て、ようやく稼げるようになった今だから思う事ですが、これからブログを始める方、すでに何らかのブログを書いてるけど成果が出ていない方には、まずはアドセンスをおススメしています。
 
クリックしてもらえれば報酬が発生するアドセンスと違い、アフィリエイトはクリックの後に商品を成約してもらうというステップをクリアしないと報酬が発生しないので、ライティングや心理学を応用したスキルが必要です。
 
アドセンスも多く稼ぐにはPV数が必要なので、決して最初は楽ではなくてコツコツ続ける必要はあります。
でもアフィリエイトと違ってPV数が集まる様になれば、そこまでライティングスキルがなくてもお金稼げます。
 
 
しかもアドセンスで稼げるようになるという事は、ブログで稼ぐための最低限必要なスキルが身につくという事です。
逆にアドセンスで稼げる様になるにも、ライティングは重要でないにしても勉強してコツコツ身に着けないといけないスキルはあります。
 
アドセンスで月3万~5万くらい稼げる様になったら、そこからさらにPV数上げてアドセンスでガンガン稼いでいくことも出来ますし、ライティングスキルを身に着けてアフィリエイトに展開していく事もできます。
 
あなたの好きなテーマや、ブログをどういう方向で育てていきたいか、お客さんに何をどうやって伝えていきたいかによって、アドセンスをさらに成長させるかアフィリエイトに展開するか、その時に決めても全然大丈夫です。
 
 
私は基礎的なスキルもなく、しかもネットビジネスに対する考え方もアマアマの状態で、いきなりアフィリエイトだけを始めました。
有名な情報商材もいくつか買って実践しましたが、アホな私は教材を自分で応用するという事が出来ず、ただただ教材に書いてある事しか出来なかったので、全然稼げませんでした。
 
しかもどの教材も、好きなテーマじゃなくて稼げるテーマを選ぶべき、とか、ブログは1つに集中するのではなくて量産すべき、と書いてあったので、好きでもないブログを大量に量産してました。
 
100個近くブログを作りましたが、結果は全然稼げませんでした。
 
 
そんな作業を10か月続けていよいよ挫折しそうな時に師匠に出会って、全然違うやり方を教えて貰いました。
 
「好きな事をテーマに、1つのブログに愛情込めてコツコツ育てましょう」
 
今までのどの教材とも違う事を師匠から教えて貰い、実践したら一気に稼げる様になりました。
報酬が入るようになったのも嬉しかったんですけど、何より私は自分の好きなテーマで記事を書けるのが楽しくて、コツコツ続けることが出来ました。
 
 
なのでアフィリエイトとアドセンスでどちらが稼げるかは、あなたがそのブログで誰に何をどのように発信したいかによって違います。
 
ただまず私は、入口としてアドセンスをおススメしています。
 
とはいえアドセンスというと、トレンドキーワード追いかけて興味ない芸能記事を延々と書いてる人もいますが、私は好きでもないテーマで毎日記事書くのはムリです。
 
絶対に続かなくなる自信があります。
何よりブログを量産していた時に、記事を書くのが苦痛で本当につらかったから、もうやりたくありません。
 
 
もしあなたが私と同じ様に、好きな事テーマにコツコツ1つのブログを育てたいとおもうのであれば
未来型トレンドマーケティング戦略プログラムをおススメします。
 
好きな事テーマに趣味ブログでアドセンスで月10万目指す道のりがつまった、私の師匠が作ったプログラムです。
 
私自身、10か月間稼げなかったのに、師匠の方法を実践したら一気に稼げるようになりました。
他の実践者の方でも、月20万稼ぐ方、2か月で月10万達成した方もいます。
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV達成↓↓


 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 

コメントを残す