ブログで芸能人の画像を引用する際の著作権とペナルティ対策について

magazines-desk-work-workspace
出典:「https://www.pexels.com/」
 
シノです。
 
今回は芸能人や有名人の画像を引用する際に気を付けるべきことや著作権の考え方、ペナルティ対策についてお話します。
 

 

現時点での有名人の画像引用に対する見解

 
シノ自身、運営しているブログで有名人の画像を引用している記事もあるのですが、芸能人の画像引用については現在グレーゾーンだと言われています。
 
先日シノがサポートさせて頂いてる方から芸能人の画像引用について質問を頂き、シノから師匠にも同じ質問をさせて頂きました。
 
師匠はとある著作権協会に画像引用について直接訪ねて下さったので、頂いた回答をこの記事でもシェアします。
 
 

著作権協会の画像引用についての見解

 
今回師匠が直接確認をして下さった著作権協会は、見解が厳しめな団体らしいのですが
 
「相手のサイトのものを表示してるなら違反にならない」という事です。
 
つまり”公式サイトの写真を公式サイトのドメインから埋め込んで表示させた場合は大丈夫”という事になります。
 
ちょっとややこしい見解なのですが
 
・引用として公式サイトにある画像を表示させて出典元を掲載したらOK
・画像をダウンロードして、自分のWordPressにアップして表示させたら違法
 
 
というのがこちらの会社の見解だそうです。
 
 

シノ自身のブログの場合とシノの見解

 
シノ自身、画像引用の著作権についても色々と調べてきてます。
 
色々な意見や情報も参考にしつつ、シノ自身の経験談を含めてのシノの見解は
 
“グレーゾーンだから個人責任で画像引用をすべきだけど、皆がハッピーになれる使い方なら現時点ではほぼ大丈夫”という事です。
 
 
みんながハッピーになれる使い方とは・・・
 
1、画像を引用する事によって芸能人ご本人にとってメリットがある記事内容
 
2、画像を引用する事によってお客さんにさらに価値ある情報を提供できる記事内容
 
 
1の場合は有名人ご本人にとって良いプロモーションになったりイメージアップになるので、有名人ご本人や事務所がハッピーになりますし
 
2の場合は写真を使うことによって記事の価値が高くなるならお客さんもハッピーになります。
 
 
つまり、”読者さんの役に立つ&悩み解決になる情報が書かれてる記事で、かつ記事を読んだ人が気分を害したりする内容にならない記事を書くこと。”
 
これが画像を引用する際の最大のペナルティ対策だとシノは考えています。
 
誹謗中傷や不必要な批判をする記事や、コンテンツ価値が全然ない単なるトレンドブログの場合はペナルティを受ける可能性はグンとあがると思います。
 
 

とはいえリスクはあるので自己責任で

 
ここまでの事をまとめると”コンテンツ価値が高い記事で且つ画像を引用する事によってさらにコンテンツ価値が高くなる”記事内容であれば、出典元をきちんと明記していればペナルティをうける可能性は低いであろう、という事。
 
ですが・・・
 
あくまで版権元の判断によるので、会社によっては今まで書いてきた内容を守ってもダメな会社もあります。
 
画像引用の際の著作権については、”これをやっておけば100%大丈夫”というものはありません。
 
リスクはどうしてもあります。
 
なので、シノは有名人の画像を引用する場合は”あくまで自己責任”という考えで使用しています。
 
どうしてもリスクあるのは嫌だという方は、著作権フリーの画像のみを使用するのをおススメします。
 
 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓


 
 

コメントを残す