「NARUTO」の岸本斉史先生から学ぶビジネスの心構えで大切な事


出典:「https://www.pinterest.jp/」
 
シノです。
 
前回の「成功者となった漫画家から学ぶビジネスモデル~高橋留美子先生編~」の記事に続き、今回も大物漫画家から学ぶネットビジネスシリーズです。
 
今回は「NARUTO」という世界的メガヒット漫画を描かれた岸本斉史先生編です。
 

 

『NARUTO』という漫画について

 
同じく世界的メガヒット漫画である『ワンピース』と並んで少年ジャンプの2大看板漫画として、1999年から2014年まで15年間に渡って連載されました。
 
私が海外に居た頃は『ワンピース』より『NARUTO』の方が読んでる外国人多かったです。
 
外国人にとってやはり「忍者」というのはたまらないらしく、ナルトのコスプレしてる外国人は本当によく見かけました。
 
 
ふと思い出した事。。。私がイギリスのチャリティーショップで働いて居た頃、漫画オタクのアンドリュー君が布制の「額当て」をまいてきてたのですが、アンドリュー君太りすぎて額のマークがメッチャ横に伸びてました。
 
しかもアンドリュー君は我愛羅というキャラクターにメッチャ憧れていて、この我愛羅というキャラは額に「愛」という文字が入ってるのですが、恐らく自分で書いたであろう「愛」もどきの暗号がよく彼の額には書かれてました。
 
そしてその「愛」もどきの暗号もやはり太りすぎてメッチャ横に伸びていました。
 
 
 
 
私が『NARUTO』を読み始めたのは連載がほぼ終了する頃。
 
はるか昔に3巻位まで読んだのですが、その時は同じジャンプ看板漫画の「銀魂」や「ハンター×ハンター」みたいにハマれなかったんですよね。
 
連載がほぼ終了する時になって、全巻持ってる友人から借りて読んで、その時にハマって一気に読みました。
 
 
王道バトル漫画のイメージが強いですが、ナルトは「ハンター×ハンター」とはまた違う意味で「少年漫画らしからぬタブーになり得る描き方」をされてる漫画です。
 
特に中盤以降は「自分の師匠を殺した敵への”許し”」など少年ジャンプ漫画では珍しいテーマが描かれていて、そこも「NARUTO」の魅力だと思っています。
 
 
私の周囲ではカカシ、サスケ、我愛羅、シカマルの人気が高かったですが、私もコテコテながらカカシとシカマル好きです。
 
 
 
 
ではここから本題である、『NARUTO』の作者である岸本斉史先生の漫画への向き合い方から学ぶ、ネットビジネスへの向き合い方で大切な事についてお話します。
 
 

プライドを捨てて素直に実践するという事

 
岸本先生は新人時代に担当編集者からもらった「君には才能があります」という一通の手紙を読んで、一気にやる気になってネームを描き上げて編集部に持ち込みに行くのですが、そこで言われた編集者からのキツい一言。
 
 
「これはマンガではない」
 
 
岸本先生曰く
 

 
基本が全然出来ていなかったんですよね。
 
ストーリーとはどういうものか、何の為にあるのか全くわかってなかった。
 
ただ日記みたいな「こういうことがありました」というのをだらだら描いていただけだったんです。
 
(中略)
 
まあ、要するに面白くなかった(笑)
 
それで、漫画を描く為の勉強をしよう、と思ったんです。
 
 
引用元:『漫画脳の鍛え方』:集英社発行
 

 
 
そこから岸本先生の凄まじい勉強の日々が始まります。
 
朝起きて図書館に行って、小説家や脚本家向けに書かれた本を読んで物語の構成について学び、映画を観まくって「なぜこの作品が面白いのか」をノートにメモる日々。
 
図書館、本屋、映画館、レンタルビデオ店を巡る日々を2年近く続けてきました。
 
 
 
岸本先生の凄い点は、最初に担当編集者に自分のネームを否定された瞬間から、素直にアドバイスを受け止めて行動してきたという事。
 
人間誰にでもプライドはありますし、自分のプライドを一旦横に置いて人のアドバイスを素直に受け入れるというのは簡単な事ではありません。
 
 
でも漫画家の世界でもスポーツの世界でも、ネットビジネスの世界でも「自分のプライドだけを貫いて自己流」で成功してる人はいません。
 
 
必ずどこかのポイントで編集者だったりコーチだったり、サポートしてくれる人から受けたアドバイスを素直に実践してる人が成功しています。
 
 
勿論、ただアドバイスをフンフン聞き流してるだけでは、素直にアドバイスを受け止めてるとは言いません。
 
 
聞いたアドバイスを実践するという「行動」なしには、ネットビジネスの世界では絶対に成果は出せません。
 
 
 

どんな世界でも努力と成果は比例する

 
私が新人漫画家やっていた頃に知ってから、今でもずっと忘れられない岸本先生の言葉があります。
 
以下のインタビューで漫画家を目指す人達に向けて話されたメッセージです。
 
 

 
『NARUTO』より面白いストーリーとうまい絵を描いてもらいたい。
 
そうすれば絶対に人気が出るはずなので。
 
シンプルな話ですよ。
 
 
引用元:『漫画脳の鍛え方』:集英社発行
 

 
 
 
私はこのメッセージを聞いた当時はマインドが全く出来てない甘ちゃんだったので
 
「いやいやそんな簡単にナルトみたいな漫画描けたら苦労しないっしょー!
 岸本先生はセンスあるから描けるんだよ。」
 
ってプンスカしていた記憶があります。
 
 
でも今なら本当にこのメッセージの意味がわかるし、その通りだって思います。
 
 
岸本先生が、面白いストーリーを描くために必死に勉強をして、うまい絵を描ける様になる為にひたすら絵の練習をしまくってきた、そんな物凄い泥臭い土台作りの時代があったからこそ『NARUTO』という傑作は生まれたわけです。
 
 
 
世の中は不公平なので、生まれついた身体能力の差やセンスの差というのはあります。
 
でもだからといって「自分はセンスないから」と拗ねていたら何も前進はしませんし、「自分は身体能力が高いから」とふんぞりかえっていたら、どんな才能があろうと開花する事はありません。
 
 
岸本先生にしても、イチロー選手にしても、どの世界でも「努力した人程成果を出す」ものだと私は思っています。
 
 
 
以前「シノさんと同じ様にPV爆発させて、シノさんと同じ位に毎月稼げるようになるにはどうしたらいいですか」という質問をされた事があります。
 
シノは「生意気な事言いますが、シノと同じだけの泥臭いコツコツをしてみて下さい。そしたらシノと同じか、それ以上の成果出せる様になります」と答えました。
 
 
生意気ですねえ。
 
でもこれはシノの本心ですし、実際にシノよりも成果出してる方達というのはシノ以上の泥臭い努力をされてきていますから、シノがその人達の成果に及んでないというのはシンプルに「自分の努力が足りてないから」だと思っています。
 
 
ここで言う努力というのは「がむしゃらに自己流で記事を書き続ける」という事ではありません。
 
 
 

自己投資をして正しい努力をする事が成果に繋がる

 
もし岸本先生が担当編集者の意見を素直に聞かずに、自己流で漫画を描き続けて自費出版していたら、その漫画は『NARUTO』には遠く及ばない全く売れない漫画のままだったと思います。
 
どんなに必死に漫画を描き続けていても絶対に面白い漫画は世に送りだせなかったと思います。
 
『NARUTO』という名作は岸本先生が「正しい努力」を長年されてきた賜物です。
 
 
 
ネットビジネスの世界でも「正しい努力」を続けていく事が成果に繋がります。
 
 
1、自己投資してサポートやコンサルしてくれる人を見つける事
 
2、アドバイスを素直に受け止めて泥臭くコツコツやっていく事
 
 
この2つのどちらが欠けても「正しい努力」にはなりませんし、ネットビジネスの世界で稼げず挫折していく95%の人というのは、この2つのどちらかもしくは両方が出来てない人が多いです。
 
 
 
しっかりと自己投資をして、アドバイスを素直に受け止めて、後は泥臭く行動していく事を続けていけば、時間がかかろうと必ず成果出るようになります。
 
 
 
岸本先生も『NARUTO』という傑作を生み出すまでに長い間泥臭いコツコツをされてきました。
 
泥臭いコツコツをしても、漫画家という世界(特に少年漫画家)では「年齢」や「本人が持っているセンス」で編集者から見切られてしまう事もあります。
 
 
私が20代で漫画家の世界に入った当時、アシスタントの先輩で30代の方がいました。
 
物凄い絵も上手くて漫画も面白かったのですが、「年齢が30代」という理由で編集者から連載のチャンスを与えられる事なく田舎に帰っていきました。
 
 
漫画家の世界だと時に「年齢」といったどうにもならない理由で諦めざるを得ない事も起こります。
 
 
 
でもネットビジネスの世界には「年齢」は一切関係ありません。
 
「もう君諦めなよ」と見切る編集者もいません。
 
 
自分自身が諦めなければ何年かかろうと、何歳であろうと、誰にだって成果出せるチャンスがある世界です。
 
 
だからこそ「正しい努力」をコツコツと続けていって欲しいなと思います。
 
 
 
★漫画から学ぶビジネスシリーズ関連記事については
「スラムダンクの名言と桜木花道の生き様から学ぶビジネスで大事な事」
「漫画『ワンピース』のルフィと仲間達の関係は最高の個人ビジネスモデル」
を参照してください。
 
 
★ゲームから学ぶビジネスについては「ドラクエはビジネスモデルも詰まった人生の縮図。試練と冒険を楽しもう」を参照してください。
 
 
 
シノが稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV&月収30万越え達成↓↓


 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ