ドラゴンボールから学ぶビジネス成功への道は師匠を間違えない事!

mentor-coach
出典:「howng.com」
 
シノです。
 
今回はシノの人生最大のバイブル「ドラゴンボール」を元に、ビジネス成功に不可欠な「師匠の存在」についてお話します。
 

 

孫悟空の強さが開花出来たのは師匠に出会えたおかげ

 
ドラゴンボールの主人公・孫悟空の師匠といえば・・・そう、亀仙人のじっちゃんですよね。
 
悟空が秘めていた潜在的な凄まじいパワーを厳しい修行によって開花させたのも亀仙人ですし、正しい力の使い道を教えたのも亀仙人です。
 
ある時は弟子に厳しさを教えるべく自ら天下一武道会に体を張って参加したり、エロくてカッコよくてユーモア溢れる本当に最高の師匠だと思います。
 
 
私は今ネットビジネスで好きなことをテーマに楽しくお金稼げるようになりましたが、私が今こうして好きなことでご飯食べれてるのも、素敵な師匠に出会えたからです。
 
よく起業セミナーとかビジネスセミナーとかだと「メンター」という言葉が出てきますが、私はメンターという言葉より「師匠」という言葉のが好きです。
 
なんたってドラゴンボールオタクですから。
 
なので私は自分の師匠の事を「メンター」とは呼びません。
あくまで師匠です。悟空にとっての亀仙人のじっちゃんと同じです。
 
 
 
私はネットビジネスを知識ゼロの状態から始めて全く稼げなかった暗黒時代を乗り越えて、やっと師匠に出会えてコンサルして頂くようになって成果出せるようになりました。
 
そんな私自身の体験談からお話したいのは
 
悟空が亀仙人という師匠に出会ったおかげで光の道を進めた様に、ネットビジネスで成果を出したいならアナタを導いてくれる師匠を見つけることが大事
 
という事です。
 
ついて行く人だけは間違えないでほしい!という事です。
 
 
 

ついて行く人を間違えると・・・

 
残念ながらネットビジネスの世界には、アナタを闇の道に引きずりこもうとする人達が沢山います。
 
再現性のない教材を勧めていたり、高額塾でお金を搾取しようとしたり、いわば「鶴仙人」もどきが沢山います。
 
「鶴仙人」に着いて行ってしまうと。。。
 
鶴仙人は自分が稼ぐことしか考えていないですから、アナタは搾取されるだけ絞りとられてポイされます。
 
 
 
シノも師匠と出会う前に、とある「鶴仙人」に着いて行ってしまい、彼のネットビジネス講座に半年もお金払ってました。
 
「サポート」なんて口だけで、実際はまともにサポートをしてもらった事はありませんでした。
 
 
でも今だからこそわかるのは、この鶴仙人は私が成果出せる様になるかなんてどうでもよくて、ただ私からお金とりたかっただけなんですよね。
 
それに気づけなかった当時のシノは、鶴仙人を信じてお金払い続けて彼の言う通りに作業し続けて・・・結局残ったのは貯金額の減った口座だけでした。
 
 
 
ネットビジネスの世界には、「楽して稼げる!」とか「片手間で30分」とか「3か月後には50万!」とか、アナタを誘惑する沢山の謳い文句を歌う鶴仙人達が沢山います。
 
鶴仙人に着いていってしまうと、かつては道を踏み外していた天津飯の様に闇の世界へと連れていかれてしまいます。
 
幸い天津飯の場合は完全な闇に染まる前に亀仙人という師匠に出会えて、光の道に戻ってくることができましたが。。。
 
 
 
どんなにコツコツ作業しても、ついて行く師匠を間違えてると成果は出せないまま搾取だけされるという事なんです。
 
残念なことにネットビジネスの世界では鶴仙人もどきのアフィリエイターさんの方が多いです。
 
「あなたをきっちりサポートします」とか言っておいて、メール送っても何も返信来なかったり、来ても毎回2行程度の何の答えにもなっていない適当な返信だったり・・・シノは師匠と出会う前はこうした鶴仙人達としか出会えませんでした。
 
亀仙人である今の師匠と出会えてなかったら、人間不信になったままネットビジネスの世界も去っていたと思います。
 
 
なのでアナタがもしネットビジネスに興味ある、もしくはすでに実践してたり情報収集しているというのなら、「ついて行く人だけは間違えないで」という事をお伝えしたいんです。
 
 
悟空が亀仙人に出会えたように、私が今の師匠に出会えたように、アナタにもぜひ寄り沿ってサポートしてくれる&導いてくれる人を見つけてほしいと思います。
 
 
 
シノがネットビジネスで稼げるようになった道のり&シノ限定特典について詳しく見てみたいという方は↓↓を参照してください。
 
「未来型トレンドマーケティング」実践して1日2万8千PV達成↓↓


 
 
「楽しく稼ごうメルマガ」登録はコチラ↓↓
ただ今メルマガ登録者限定レポートをプレゼント中♪

メルマガ

 

コメントを残す