キューティ・ブロンドはリースの映画NO.1コメディ!

legally blonde

200%の元気がもらえる
痛快サクセスストーリー!

 

リーズ・ウィザースプーン演じる
超ポジティブ思考のブロンド娘エルが
腹の底からスカッとさせてくれます。

予告編

 

主人公のエル・ウッズが
とにかく超超可愛くて魅力的。

こんな人がリアルに居たら
絶対に友達になりたいですよ!

 

 

一見、軽そうにみえる彼女だけど、
すごく芯が強くて優しくて
何よりも友達を大事にする女性。

いつも笑顔で、
ほんっとーに誰からも
好かれる人っていうのは
彼女の様な人なんだろうなあ。

legally blonde

 

落ち込む事もあるけど
いつも笑っていて前を向くことを
決して忘れない。

見ているこっちまで
元気チャージさせて
もらえます!!
こんな素敵な女性、
周囲の人気者にならないワケがないです。

 

友達になりたい映画キャラクターNO.1。

 

legally blonde

 

【あらすじ】

 

超ポジティブ思考の天然ブロンド娘
エル・ウッズ。(リーズ・ウィザースプーン)

 

成績優秀、社交クラブの会長で皆の人気者の彼女は
この夜、恋人のワーナーからの
プロポーズを予期してディナーへ。

 

legally blonde

 

しかし、政治家志望の彼の口から出た言葉は

 

「政治家の妻にはブロンド女はふさわしくない。」

 

とあっさりエルを振る。

 

 

ハーバード大学の
ロー・スクールへ去っていくワーナー。

 

 

でも、超超ポジティブ思考の彼女は
ワーナーの後を追い、
彼と同じロー・スクールに通うために
猛勉強を始める。

社交クラブ、デルタ・ヌーの
愉快な仲間達の協力あって
なんと見事、ロー・スクールに合格。

 

この仲間達がまた面白くて
いい味出してます!

 

legally blonde

 

愛犬のチワワ・ブルーザーを連れて
ロー・スクールへとやってきたエル。

legally blonde

しかし、そこは
超真面目な学生達が集まる所。

入学当日からブロンドに
ピンクの服に身を包んだエルは
1人浮きまくり、
友達も出来ない。

 

 

さらに、元恋人ワーナーは
すでに優等生ヴィヴィアンと
婚約していた。

最低な男だなコイツほんと。

legally blonde

 

だけど、そんなことで
へこたれる彼女じゃないですよ。

 

持ち前の明るさと
超ポジティブ思考で、
徐々に周囲に溶け込み始め
友達も出来ていく。

 

legally blonde

親友のポーレットの愛犬を
彼女の元夫から救い出した事を
キッカケとして、

彼女は次第に、
人を助けることができる
弁護士と言う職業に
グングン興味を持っていきます。

恋人のワーナーよりも
立派な弁護士になる事に
目覚めたエルは、

猛勉強の末、ついに実習生として
裁判の法廷に経つ事になります。

 

legally blonde

 

 

金髪=おバカ
という偏見で

周囲から白い目で
見られる彼女は

 

人一倍の努力家で
次第に彼女をみる周囲の目も
変化していきます。

legally blonde

 

さらに元恋人ワーナーの婚約者で
エルを毛嫌いしていた
ヴィヴィアンとは、
いつしか親友に。

 

この2人のエピソード大好きです。

 

legally blonde

 

最初はワーナーを追うだけの
フラフラしてた彼女でしたが、

色々な体験を重ねるうちに、
人を助ける立派な弁護士になりたいと
彼女の心は変化していきます。

 

そしてついに法廷で
まさかのエルの見せ場が
やってくる!!

彼女の機転の利いた
プロの弁護士顔負けの
手腕には、

超スカッとさせられます。!

 

legally blonde

 

 

そして最もスカっとさせられるシーン。

 

かつて

 

「30歳までには上院議員になりたいから
 ブロンド妻はお断り」

 

と自分を振ったダメ男
元恋人ワーナーが
手のひらを返してエルに言った

 

「やっぱ君は僕にふさわしい。もう一度やり直そう」

 

という言葉に言い放ちます。

 

 

「30歳までに自分の事務所を持ちたいからお断り」

 
このセリフを言い放って
颯爽と法廷を後にする彼女の後姿は
もう立派な弁護士そのもの。

エルはもう、単なる金髪の
おバカちゃんじゃないです。
 

legally blonde

 

 

スカッとして!めいっぱいの元気をもらえて!
最高にハッピーな気持ちにしてくれる映画!

 

 

私はリーズの映画でこの作品が
ダントツでNO.1映画です。

 

 

公開当時、私は
この映画を観なかったんです。

というか、
存在自体を知らなかった。

これだけ大ヒットしながら
なんで
存在を知らなかったんだろう。

多分、精神と時の部屋にでも入って
スーパーサイヤ人になるべく
修行でもしてたんでしょう。

そうでもない限り、
こんな面白い映画見逃すはずがない!!

ともあれ、
スーパーサイヤ人になれずに
お前は何をしてたんだ?状態で
精神と時の部屋を出た私は

映画館で
『キューティ・ブロンド2』の
予告編を観た時、
初めてこの映画の存在を知りました。

2の予告編を観た瞬間、

何あの映画?!
超面白そうなんだけどおおお!!

 
1、1を借りなきゃ!!
と速攻でツタヤに行き
ようやく観たんですね。

ストーリーも何も知らずに
いきなり観始めたら・・・

ちょーーーーー面白い!!

 
何?何?

めっちゃ元気をもらえたんだけど!!!

何このハッピー映画ああああ!!

公開と同時に
『キューティ・ブロンド2』
を観に行って

『キューティ・ブロンド』は
DVDを即買いしました。

この昨品を観てて
思い出したのが、
ジブリの名作

『魔女の宅急便』

「落ち込んだりもするけれど、
私は元気です。」

ていう、あのキャッチフレーズが
『キューティ・ブロンド』と
めっちゃ重なりました。

『魔女の宅急便』みたく
センチメンタルな映画では
ないですが、

前向きに頑張るキキと
エルの姿って
どっちも元気をくれます。

エルのが大分軽い感じですが(笑)

女性向きの映画と言われてるけど
私はこの映画、
男性にもぜひおススメします。

 

 

主人公のエルが
ホンっトーにかわいくて
応援したくなります。

 

相棒のチワワの
ブルーザーも超かわいい。

なんか元気ほしいなーってアナタ!

エルが200%の元気をくれますよ!!
 
 
 
私が大好きな映画記事を書いてブログで収入を得られるようになった理由を知りたい方はコチラ↓↓
 

映画記事用未来型誘導イラスト

 

コメントを残す